テクニカル解説集

VLDMI(Variable Length Dynamic Momentum Index)

GMMAやペンタゴンチャートなど著名アナリスト監修ツールは本番口座でご利用いただけます。
著名アナリスト監修の関連書籍はこちら

VLDMI(Variable Length Dynamic Momentum Index)とは

VLDMIは、RSI同様、相場の買われ過ぎ/売られ過ぎを測るオシレータですが、変化する相場局面に応じて適した指標を算出できるように考案されています。RSIの弱点は、相場が急激に動く場面でも、一定の価格帯で推移している場面でも、同じ参照期間パラメーターを使用して算出することです。VLDMIの算出方法はRSIと良く似ておりますが、算出に使用する期間パラメータをボラティリティ(価格変動率)に応じて変化させることで、その弱点を補い、指標の感応度を向上させています。

VLDMI(Variable Length Dynamic Momentum Index)の見方

POINT
VLDMIは、RSIの改良版と考えられ、分析方法や売買への活用方法もかなり似ていますが、RSIよりも先行して動く傾向を持っています。

GMMAやペンタゴンチャートなど著名アナリスト監修ツールは本番口座でご利用いただけます。
著名アナリスト監修の関連書籍はこちら

FXの基礎知識のトップに戻る

ページトップへ