テクニカル解説集

ROC(Rate of Change)

ペンタゴンチャートなど著名アナリスト監修ツールは本番口座でご利用いただけます。
著名アナリスト監修の関連書籍はこちら

ROC(Rate of Change)とは

ROC指標は、モメンタム系指標です。ROCの説明の前にモメンタム指標とは、ということをご説明します。相場には、トレンド相場と持ち合い相場(横ばい)がありますが、トレンド相場のようなときには移動平均線などの指標が活躍します、しかし反面持ち合い相場になるとサインが遅れるケースも少なくありません。一方、モメンタム系指標は、トレンド相場の時には間違ったサインを出すものの、持ち合い相場になったときには、力を発揮してくれます。
ROC(Rate of change)は、一定時間の変化率を表すための指標です。モメンタムを比率にしたものです。計算方法は「当日終値÷N日前の終値×100 - 100」となります。前述の通り、平均線等と併用して使用するのが良いかと思われます。移動平均シグナルに従おうとする前に他の確認シグナルとして利用されることも多いようです。

ROC(Rate of Change)の見方

基本的には、0ラインがあり、ROCの強弱の分岐点が真ん中にある0ラインとみると良いと思います。(計算方法によっては、100(%)が分岐点になることもあります。)0ラインが分岐点なのでそのラインを上に行った場合は上昇と予測し、逆は下落と予測します。

ペンタゴンチャートなど著名アナリスト監修ツールは本番口座でご利用いただけます。
著名アナリスト監修の関連書籍はこちら

FXの基礎知識のトップに戻る

ページトップへ