テクニカル解説集

RCI(Rank Correlation Index)

GMMAやペンタゴンチャートなど著名アナリスト監修ツールは本番口座でご利用いただけます。
著名アナリスト監修の関連書籍はこちら

RCI(Rank Correlation Index)とは

相場を計ろうとするときに上昇幅、下落幅に着目することはよくあります。例えば、RSIは上昇幅と下落幅の大小関係に、ストキャスティクスは価格水準に着目します。しかしRCIについては、直近の一定期間における価格データの順位関係だけに着目するという考え方をしています。

RCI(Rank Correlation Index)の見方

RCIの基本的な分析方法は以下の通りです。

  1. RCIの変動範囲は-100~100となっています。
  2. 終値ベースでの上昇が直近n期間にわたり持続したとすると、終値順位と日付順位は同じになります。(日付は1、2、3、4日と数字が増えますが、価格も日々上昇して数値が大きくなっているということ)この場合、RCIは100となります。逆に日にちは経つが価格は下がり続けた場合は、RCIが-100となります。よって、100に近づいている場合は、一本調子で上昇、-100に近づいている場合は下落してきたと考えられます。
  3. RCIの度数分布をとるとよく分かるのですが、RCIは100や-100近辺の水準で長く推移する傾向が受け取れます。対して0付近での滞在は短くなっています。その為、考えかたとしてはRCIが0の水準を跨いだときには、相場の方向が反転していないかを確認する必要があるのかもしれません。

GMMAやペンタゴンチャートなど著名アナリスト監修ツールは本番口座でご利用いただけます。
著名アナリスト監修の関連書籍はこちら

FXの基礎知識のトップに戻る

ページトップへ