テクニカル解説集

移動平均線

GMMAやペンタゴンチャートなど著名アナリスト監修ツールは本番口座でご利用いただけます。
著名アナリスト監修の関連書籍はこちら

移動平均線の概要

テクニカル分析の中で最もポピュラーなものの1つが移動平均線です。日、週、月など一定期間の値動きから”行き過ぎ”を取り除いて平均化し、価格トレンドの方向性の判断に有効な指標です。

より新しいデータの比重を高めていることから、上記2つの平均線よりも市場の変化を敏感に反映するチャートと言われています。期間の異なる2本のEMAを利用したものがMACDです。

分析方法

一般的には、1本の移動平均線だけで相場のトレンドを予測するには不十分とされ、期間の異なる2本の線で分析します。1つは期間の短い動きの早い移動平均線、もう1つは期間の長いものを使います。
これらの期間の異なる平均線が交差する地点の状況や平均線の方向により売買のシグナルを判断していきます。ゴールデンクロスやデッドクロスが有名です。

2本の移動平均線による主なシグナル

まとめ

移動平均は、複数の線を用いて相場分析をするため、中長期線と短期線の日数の組み合わせが重要な要素です。どの組み合わせが適しているかについては試していただくしかありませんが一般的な組み合わせをご紹介し説明の終わりにしようと思います。

日足では、25日線、75日線。もう少し動きを早く知る組み合わせとしては、5日線、20日線を用いる方法もあります。 ちなみに米国では5日線、20日線と10日線、40日線を利用していることが多いようです。

GMMAやペンタゴンチャートなど著名アナリスト監修ツールは本番口座でご利用いただけます。
著名アナリスト監修の関連書籍はこちら

FXの基礎知識のトップに戻る

ページトップへ