テクニカル解説集

ピボット

GMMAやペンタゴンチャートなど著名アナリスト監修ツールは本番口座でご利用いただけます。
著名アナリスト監修の関連書籍はこちら

ピボットとは

前日の値動きから当日の価格変動範囲を予測しようとする指標です。基本のトレードスタイルは逆張り(買われ過ぎ→売り/売られ過ぎ→買い)です。inet-Traderのピボットは、チャート上に7つのラインを表示します。
ラインは上方から、以下のように呼びます。

「レジスタンスライン3(R3)」
「レジスタンスライン2(R2)」
「レジスタンスライン1(R1)」
ピボットポイント(PP)
「サポートライン1(S1)」
「サポートライン2(S2)」
「サポートライン3(S3)」

ピボット指数の計算方法と見方

各ラインについて、計算方法とともにご説明します。計算に使用するのは、前日 終値、前日 高値、前日 安値 の3つのデータだけです。計算の途中で、序盤で算出したピボットポイント(PP)やS1、R1を使った計算が出てくるため、ややこしく感じるかもしれませんが、計算自体は単純ですので順番に説明いたします。

POINT
ピボットは、前日データで当日の値動きを予測するため、描く価格レンジも他の指標同様、完璧ではありません。例えば、寄り付き時点ですでにR3を大きく超えている場合などは、R2を「押し目買い」でのエントリーポイント、R1を「ストップロス」ポイントとし、ピボットポイント(PP)でドテン売りのエントリーポイントとする等、色々な売買ルールが考えられます。ピボットに限ったことではありませんが、想定外の事態にどう対処するか、売買を行う際は予め売買ルールを取り決めておくことが大切です。

GMMAやペンタゴンチャートなど著名アナリスト監修ツールは本番口座でご利用いただけます。
著名アナリスト監修の関連書籍はこちら

FXの基礎知識のトップに戻る

ページトップへ