FXの基礎知識

FXの魅力

レバレッジを効かせた効率の良い資産運用

資産運用の必要性

近年、日本経済社会は「世界的な金融不安」「低金利」「物価上昇」「少子高齢化」など、さまざまな問題に直面しております。
特に、日本は今後「低成長時代」、「人口減少社会」を迎え、今までの「資産管理」「資産運用」のスタイルに変化が訪れることが予測されます。
今後の事を考慮すると、如何に効率よく金融資産を運用・投資するかがポイントとなります。

出所:日本銀行「資金循環の日米比較 2008年4Q」より

レバレッジを効かせた効率の良い資産運用とは

「効率よく」金融資産を運用・投資する一つの方法として、FXの「レバレッジ」があります。
レバレッジとは、「てこの原理」という意味で、小さい資金で大きな資金を為替市場で動かすことができる信用取引を意味します。
このレバレッジを使う事によって、効率的に資金を運用できる事がメリットの一つです。

CASE STUDY
米ドルが1ドル100円の時、1万米ドルの取引をする場合
A:投資金額(取引証拠金)100万円 → レバレッジ1倍
B:投資金額(取引証拠金)4万円 → レバレッジ25倍

上記のように、Bは少ない証拠金でもレバレッジを適応させれば、1万米ドルの取引が可能になります。

CASE STUDY
100万円の資金、1米ドル=100円とします。
<レバレッジ1倍>
100万円×1÷100円=10,000米ドル
<レバレッジ25倍>
100万円×25÷100円=250,000米ドル
最大で25万ドルのポジションが持てる計算になります。

アイネットFXは各コースの最大レバレッジの範囲内で、ご自身で投資金額によってレバレッジを調整する事が可能です。

FXの基礎知識 のトップに戻る

ページトップへ