FX自動売買TOP画像

FX自動売買は、あらかじめ決められたルールをもとにシステムが自動で売買を行ってくれるものです。設定さえすれば、仕事中や睡眠中でもルールに従って売買をしてくれるので、取引タイミングを逃さずFX取引をすることができます。プログラムが24時間相場状況を監視して注文を出してくれますので、忙しくてチャートを見ている暇がないという人でも取引タイミングを逃さずFX取引ができます。

また、FXの勉強をする時間がない人にも有効です。自動売買を利用すると、長期間にわたって無理なくFX取引を継続できますので、長期的に利益を出したいと考えている投資家にはぴったりの投資手法だといえます。


自動売買は、一定の売買ルールを実行するように組まれたプログラムが機械的に売買処理を行う取引手法です。設定したルールに従って「システムが自動で」売買をしてくれるので感情が入り込む余地がなく、淡々と取引を継続することができます。設定した条件が相場の動向に適したものであれば大きな利益が得られる可能性があります。

ただし、相場に適さない条件設定をした場合は、上手く利益が得られないことになるでしょう。相場の状況に合わせて自動売買に設定する戦略を変更してみたり、裁量取引と自動売買を組み合わせて運用することでそれぞれのメリットを活かすこともできます。


自動売買に対して裁量取引という言葉があります。裁量取引とは、経済指標や政治などのニュースやチャートから投資家自身が売買銘柄やタイミングを判断する取引のことです。自分の判断による取引なので相場状況に応じた柔軟性が高い取引ができるメリットはあります。

しかし、様々な局面で判断が必要となり心理的な不安や過度な期待によって感情に左右されてしまうことが最大のデメリットです。実際にプロの投資家でも感情をコントロールすることは非常に難しく、取引の失敗につながる例も多々あります。

自動売買 裁量取引
ひとことで言うと
規則的な取引 自由な取引
取引方法
システムのルールに従って、システムが注文を出す。 自分の判断で、自分で注文を出す。
成功するには
自分の運用目的にあった売買システムを選ぶ 資産状況は定期的にチェック 豊富な知識が必要 トレードに充てる時間が必要 感情のコントロールが必要
失敗パターン
放置しすぎ 知識不足 仕事中など相場が動いているときに動けない 感情による判断ミス

FXは日本・ヨーロッパ・アメリカなど世界中で取引が行われているので、24時間相場が常に動き続ける金融商品です。その為、利益獲得のチャンスが多い反面、仕事中や睡眠中など目を離しているすきに損をしてしまうリスクもあります。

しかし、FX自動売買を利用すればシステムが24時間相場を監視してルールに従って売買をしてくれるので、相場に張り付いていなくても、チャンスを逃がさず、且つリスクを管理することができます


FX取引をしていると、多くの人が「もう少し耐えれば相場が反転するかも」、「もう少し待てばもっと利益をだせるかも」と相場動向ではなく、自らの感情で売買をしてしまい、損をすることが多々あります。

FX自動売買を利用すれば、感情に左右されがちな人でも売買の判断を必要とせず、設定したルールに従ってシステムが注文を出してくれますので、自分で決めたルール通りの損切りに踏み切れずに損失を拡大してしまったり、利益の深追いによって決済タイミングを逃してしまったりすることを避けられる点もメリットです


FX取引を裁量トレードで始めると、テクニカル分析や世界各国の経済指標、ニュースなどマーケット情報を読み解く知識が必要となります。 せっかくFX取引を始めようとしてもこれらの知識の習得が必要となると躊躇してしまう人も多いはずです。

FX自動売買であれば、ルールに従ってシステムが売買をしてくれるので、マーケットの分析をしながらタイミングを見計らう必要がありません。選択型の売買システムならランキングや自分の運用資金にあわせて選ぶだけで取引を始めることができます


メリットがある一方、デメリットもあります。FX自動売買には、自分で売買ルールをプログラムするシステムやプロの投資家が提供するプログラムを利用するなど多くのシステムがあります。初心者にとっては、プログラムを自分で作ることはできませんし、プロの投資家が作ったプログラムが自分にマッチしているかを判断することは時には為替相場を予想するよりも難しく、この点がデメリットとなります。

その為、初心者なら売買ロジックがシンプルなものを選ぶべきです。運用資金の大小や通貨ペアによって結果が大きく異なってしまうようなシステムは避けるようにしましょう。


FX自動売買のループイフダンなら一定間隔の値幅で売買を繰り返すだけなので、初心者でも簡単に始めることができます。

メリット
24時間休みなく取引できる 感情による判断ミスがない テクニカル分析など難しい知識が不要
デメリット
売買システム選びを間違えると思わぬリスクが…

FX自動売買を利用していても、強制ロスカットなどのリスクはあります。特に、ポジションを保有して運用している途中で強制ロスカットになってしまうと、利益を得るどころか投資元本が減少してしまい元も子もありません。証拠金が不足しないように、取引に投入している取引証拠金に対する含み損益を反映した有効証拠金の割合が300%を下回ってきたら資金を追加するなどの対応をとるようにしましょう。

FX自動売買を利用しているときは、細かい相場動向に注視する必要はありませんが自分の資産状況がどうなっているかは必ずチェックするようにしましょう


FX自動売買は、自動売買ツールによってどのように売買プログラムを稼働させるかが異なり、主に3つの種類に分類されます。難易度も大きく異なり、初心者にはハードルが高い自動売買ツールもありますので、ここでチェックしておきましょう!


FX会社が提供している売買プログラムの中から選択するタイプの自動売買ツールで、初心者向けです。売買プログラムは各FX会社によって異なりますが、提供元のFX会社が損益ランキングや利用者ランキングなどを公表しているので、初心者はその情報を元に選ぶこともできます。FX取引の経験がなくても始めやすく、人気が高いです。


FX会社が提供している売買プログラムのパラメーターなどを自分で設定できるタイプの自動売買ツールです。自分好みにカスタマイズができる反面、FXの経験や知識が必要になるので初心者には難しく感じるかもしれません。


自分で作成した売買プログラムやシステム開発者から購入した売買プログラムを使って稼働させる自動売買ツールです。使いこなすにはFXだけではなくプログラミングの知識なども必要になります。設定自体も複雑で、上級者向けと言えます。


自動売買ツールは売買プログラムに従って売買を実行します。売買プログラムは主に5つの種類に分類されます。それぞれ特徴について解説していきます!


基本的なシステムが決まっていてカスタマイズできる部分だけを投資家が設定して取引を行います。買値より価格が上昇したら売却、売値より価格が安くなったら購入というシンプルな取引を行うことになりますので、初心者にもわかりやすくおすすめです。

リピート型の特徴はレンジ相場に強いことです。上げ下げが明確な相場をトレンド相場、方向感に乏しく小さな値動きを繰り返す相場をレンジ相場と呼びます。レンジ相場は全体の7割を占めると言われており、プロの投資家でも売買タイミングが難しいとされています。

細かい値動きで売買を繰り返すリピート型ならこのレンジ相場で収益チャンスを広げることができます。


過去に利益を上げた実績がある投資戦略などがすでに用意されている自動売買システムです。運用成績の良いトレーダーを見つけられれば良い成果を出すことも期待できます。過去の実績から選定することもできますが、始めるタイミングや止めるタイミングなどで結果は変わりますので、同じ利益が必ず出るとは限りません。


あらかじめ用意されている投資戦略のなかから投資家が好きなものを選ぶ自動売買システムです。戦略を選ぶだけで自動売買できるため初心者にもおすすめのシステムだといえます。ミラートレーダー以外のシステムを使った自動売買システムはオリジナル系といわれています。


この2つのタイプは、投資家自身がシステム開発やカスタマイズする必要があります。そのため、上級者向きのシステムです。初心者におすすめの自動売買システムは、リピート注文型、ストラテジー選択型(ミラートレーダー系)、ストラテジー型(オリジナル系)です。


1つ目のコツは、相場に合ったシステムを選択できる知識を身につけることです。初心者が自動売買を行う場合は、FX業者で提供されているロジックを選ぶのが一般的です。しかし、そのロジックを選択しても、相場に合っていない戦略では利益は見込めません。価格の変動幅が大きいトレンド相場なのか、狭い値幅で上下するレンジ相場なのかなどを見極める必要があります。

ただし、その判断は難しいため、利益を出している人と同じ戦略を選択するというやり方もありますが、相場動向や投下資金、リスク許容度は人によって様々な為、トレーダーブログをチェックして今後の相場動向予想などを参考にするなど、どのような投資戦略をとるのが効果的かを判断することは必要になります。


2つ目のコツは、複雑な売買システムを使用しないことです。いくら優れた売買システムであっても仕組みが複雑で理解できないようなものは使わないようにしてください。プログラムの内容がわかっていないで利用すると思わぬ損が発生したときに続けるべきかやめるべきかの判断を裁量取引のように感情で決めてしまうことになりかねません。これでは、自動売買のメリットがなくなってしまいます。

ループイフダンのようなシンプルな仕組みのものを選ぶようにしましょう。


3つ目のコツは、感情移入しないことです。客観的な視点を常に失わないことがポイントになります。自分なりのルールをあらかじめ決めて必ず従うようにすると勝率はアップするでしょう。

例えば、「利益が何パーセントになったら必ず売却する」「損が何パーセントに達したら確実に損切りを行う」などのルールを設定することが重要です。初心者のうちは、プロが設定しているルールを参考に決めるのも選択肢の1つです。初心者にありがちな傾向としては、為替の予想よりも目先の利益や損失を考えてしまうということがあげられます。客観的な視点を失わないためにも、あらかじめルールを決めて取引に臨みましょう。自動売買システムは感情を排除する為にとても役に立つツールです。


4つ目のコツは、強制ロスカットに注意することです。「4.FX自動売買のリスク」にもありますが、強制ロスカットになってしまうと取引を継続することができず、全てのポジションが決済されてしまいます。こうならない為にも裁量取引と同様にレバレッジはあまりかけすぎないように注意してください。

初心者なら2倍程度に抑えておくべきです。


5つ目のコツは、スワップポイントに注意することです。FX自動売買を使って長期的な投資をする場合、注意しておきたいのはスワップポイントの存在です。スワップポイントは金利差調整分として受け取れる場合と支払う場合があります。

例えばメキシコペソなど金利が高い通貨を買っている場合は受け取ることができます。逆に低金利の通貨を買う場合はスワップポイントを支払うことになります。このスワップポイントの支払いによる損失を避ける為、スワップポイントはプラスのものを選びます(但し、今後必ずプラスであることは保証されません)。


6つ目のコツは、メジャーな通貨ペアを選ぶことです。FX会社が取り扱っている通貨ペアの種類は、会社ごとに違います。マイナーな通貨ペアは、取引量が少なく取引が成立しにくい、値動きが粗いなどのデメリットがあります。その為、初心者なら 米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、ユーロ/米ドルなどのメジャーな通貨ペアを選ぶようにしましょう。

また、リピート注文型の売買プログラムであれば、豪ドル/NZドル、ユーロ/ポンドも選択肢に入れると良いでしょう。


初心者がFX自動売買に挑戦するなら、まずは3つのポイントを満たしているものを選びましょう。


強制ロスカットのリスクを回避する意味でも少額から運用できる売買システムを選ぶことで初心者でも無理なく運用することができます。


長期的な運用をするときに抑えておきたいのが前述のスワップポイントです。FX会社によって大きな差がありますので、スワップポイントがほとんどもらえないような売買システムではなく、受取のスワップポイントが高い売買システムを選ぶと将来の利益に大きな差がでます。


FX自動売買のデメリットやリスクでも説明したように仕組みが理解できないような売買システムは使うべきではありません。様々なテクニカル分析などを駆使した売買システムは一見優れているようにも見えますが、使うタイミングなどを誤ると失敗に終わります。


また、プログラムの詳細を隠して提供している売買システムも多いので過去の実績だけで儲かりそうだと判断するのは控えてください。初心者にもわかりやすい売買システムを選ぶようにしましょう。


これらのポイントを踏まえた上でおすすめのFX自動売買はアイネット証券のループイフダンです

ループイフダンは、一定値幅レートが動いたら自動で売買を繰り返すだけの「わかりやすい取引」で、設定はとてもシンプルです。投資ノウハウがなくても少額から、誰でも簡単に始められるシステムです。

FXと聞いて難しい印象を持たれる方でも、ループイフダンなら予め設定した条件に従ってシステムが自動で取引を行うため、簡単にFX取引ができます。

なんと、2020年度の実績ではループイフダンをご利用されたお客様の資産が平均利益率127%にアップしています!
ループイフダンで投資を始めて理想の未来を手に入れましょう!


ループイフダンについてもっと詳しく

ループイフダンの注意事項はこちら

LINEで無料診断スタート

ページトップへ