ループイフダンの値幅の選び方

ループイフダンを安定して運用するためには、投資資金にあった値幅を選択することが不可欠です。

1.ループイフダン目安資金表を活用しよう

適切な値幅を選択するために「ループイフダン目安資金表」を活用しましょう。

ループイフダンの目安資金表

この表では相場が予想に反して動いた場合に、運用を続けるために最低限必要な資金を表しています。 しかし、この表は「一覧表」ですので、ただ眺めているだけでは自分の投資資金にあった値幅がどれなのかは分かりません。
適切な値幅を選択するためには、「今後相場が予想に反して何円くらい動きそうか」を考えます。 この表で見ると、縦軸(1円、2円、3円・・・)の部分です。

ループイフダンのB(買い)タイプの運用を考えているなら、今後何円くらい下がる可能性がありそうか。
ループイフダンのS(売り)タイプの運用を考えているなら、今後何円くらい上がる可能性がありそうか。

ここが決まれば自分が用意できる資金と照らしあわせて適切な値幅も自然と決まっていきます。

2.過去の値動きを参考にしよう

「今後相場が予想に反して何円くらい動きそうか」を考えるなんて難しいと感じるかもしれませんが、 ひとつの考え方として、過去の値動きを参考にするという方法があります。

例えば、今後USD/JPYのループイフダンのB(買い)タイプの運用を予定していたとすれば、 ドル円のチャートを表示させてみます。 表示させる期間に迷ったら、運用予定期間と同程度の期間のチャートを表示させてみましょう。
仮に私が今後1年程度の運用を予定していたとすると、直近から1年前までのチャートを表示させるということになります。 チャートを表示させたらその期間内にどれだけ値動きがあったかを確認します。

過去に最大約10円の下落があったと分かる

このようにして過去の下落幅を参考にした上で、もう一度ループイフダン目安資金表を確認してみましょう。

ドル円のループイフダンの場合、10円下落した場合に必要な資金はこのようになっています。
(下の図は一例です。現在の目安資金表はこちらをご覧ください。

10円下落した場合に必要な資金


ここで改めて自分の投資資金を確認します。
例えば、自己資金が50万円だとすると、10銭幅、15銭幅を運用するには資金が足りないということが分かります。 50万円の資金で先ほどのチャートを参考にする場合、10円下落してもロスカットにならない25銭幅、50銭幅、100銭幅の中からどれかを選ぶという選択をするのが理にかなっていると言えます。

3.値幅ごとの特徴を理解しておこう

では、25銭幅、50銭幅、100銭の違いはなんでしょうか。
改めてループイフダン目安資金表を見ると、「ポジション数」という項目があります。
ポジション数は値幅が狭いほど多くなり、値幅が広いほど少なくなりますが、この数が運用時の必要資金や利益額に大きく関係しています。
簡潔に言うと、以下のようになります。

ループイフダンの値幅の違い

つまり、値幅の狭いループイフダンは資金が必要となりますが、利益も基本的に大きくなります。 一方、値幅の広いループイフダンは利益は少なくなりますが、リスクを抑えて運用することができます。

このように、値幅の違いによる特徴をしっかりおさえて運用することがループイフダン成功のカギとなるのです。

Point
ループイフダン目安資金表を参考にしよう
今後相場が予想に反してどのくらい動きそうか考えよう
過去のチャートを参考にしよう
値幅の特徴を理解して、投資資金に合った値幅を選ぼう

ページトップへ