注文の種類と方法

クイックトレード(成行注文)
直接価格を指定しないで注文を出す方法。クイックトレード注文画面を出すと、そのときのレートが提示され、そのレートでよければ実際に注文を出すという方式です。
指値注文
注文時にあらかじめレートを指定する注文方法をいいます。
逆指値注文
市場の価格が指定した値段以上になった時点で「成り行き」買い注文が執行される注文。または市場の価格が指定した値段以下になった時点で「成り行き」売り注文が執行される注文をいいます。
トレール注文
逆指値の種類となり、トレンドを追従しながら逆指値を自動的に変更する注文方法です。
IFD注文(IF-Done)
IFD注文とは、新規注文とその注文が成立したら自動的に有効となる決済注文をセットで出す注文方法です。
OCO注文(One Cancels the Other order)
あらかじめ2つの注文を同時に出しておいて、 一方が約定したらもう一つはキャンセルするという注文方法です。
IFDO(IFD+OCO)注文
IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法。新規の指値または逆指値注文をする際に、決済注文として利益確定の注文と損切り注文を同時に出す注文方法です。

お取引ガイドのトップに戻る

ページトップへ