両建て

フリガナ:リョウダテ

買いポジションと売りポジションを同一通貨ペアにて保有すること。
顧客にとっては買付価格と売付価格の差、手数料及び証拠金を二重に負担すること、支払のスワップポイントと受取のスワップポイントの差を負担することなどのデメリットがあり、経済合理性を欠くおそれがあります。
※同一通貨ペアの両建て時にかかる証拠金は、取引数量の大きいポジションに対してのみ必要となります。(指値等の新規注文時に発生する注文中証拠金については、両建て相殺されません。注文の際には、買い・売りそれぞれに証拠金が必要となります。)


■両建てについて詳しくはコチラをご覧ください。

用語集のTOPに戻る

ページトップへ