ループイフダン運用のヒント

B(買い)タイプとS(売り)タイプの特徴を把握しておこう

今後、相場が上がると思ったらB、下がると思ったらSを選ぶのがポイントです。
週足などの期間がやや長めのチャートでトレンドを確認したり、各国の金融政策なども参考にしましょう。

ループイフダンのBタイプとSタイプ

運用に必要な資金がどのように決まるか知っておこう

値幅は狭いほど利益は大きくなりますが、必要資金も大きくなります。
投資資金が少ない場合は、値幅の広いループイフダンを選択するとリスクを抑えることができます。

ループイフダンの必要資金

ページトップへ