通貨安戦争

フリガナ:ツウカヤスセンソウ

一般的に、金融政策や為替介入などで通貨を引き下げることにより、輸出品の対外的な価格が下落して輸出競争力が上がると言われており、輸出競争力の向上による雇用改善やマネーサプライの増加による需要喚起を期待できることから、通貨の切り下げは景気回復の手段とされている。 通貨安戦争とは、通貨の価値が他国通貨との相対価値として決められている中で、通貨切り下げの動きが世界各国で広がることを言う。

用語集のTOPに戻る

ページトップへ