値幅制限

フリガナ:ネハバセイゲン

適正な価格形成と投資家保護を目的に前営業日の終値(特別気配のまま引けた場合は最終気配値)を基準株価として、変動できる上下の範囲を価格帯ごとに定めたもの。日本の証券取引所ではすべて制限値幅を採用している。 なお、国外の証券取引所は、値幅制限を採用していない場合が多い。また、正式な取引所ではないグリーンシートでも気配値を提示するスタイルであることから値幅制限はない。

用語集のTOPに戻る

ページトップへ