信託保全

フリガナ:シンタクホゼン

金融商品取引業者が顧客から預託された資産を保護するために信託銀行等と信託契約を結び、顧客資産と金商業者自身の自己資産とを区分して管理することを指します。 外国為替証拠金取引では、顧客資産を金銭信託により区分して管理することが法令により義務付けられております。


■信託保全について詳しくはコチラをご覧ください。

用語集のTOPに戻る

ページトップへ