マネタリーベース

フリガナ:マネタリーベース

マネタリーベースとは、各国の中央銀行(日本国では、日本銀行)が民間金融機関に供給する通貨量のことで、現金通貨と日銀当座預金残高を合計したもの。ベースマネーやハイパワードマネーとも呼ばれる。通貨の供給という点でマネーサプライと似ているが、マネタリーベースは、中央銀行が通貨の発行や金融市場調節などを通じて、どれだけの量を供給したかを示している。

用語集のTOPに戻る

ページトップへ