ブレトンウッズ協定

フリガナ:ブレトンウッズキョウテイ

通貨市場で、純金1オンスあたり35米ドルに固定されるよう中央銀行に介入を義務付けることで主要通貨に固定外国為替レートを確立した協定。米国のニクソン大統領によって1971年に破棄され変動相場制に移行するまでこの協定は存続した。

用語集のTOPに戻る

ページトップへ