ドレッシング買い

フリガナ:ドレッシングガイ

お化粧買いとも呼ばれ、運用対象となっている株式などの評価額を上げるために月末や決算期末に買い注文を入れること。 但し、市場においては、通常の投資判断に基づく注文なのか、ドレッシング買いなどの人為的意図を持った注文なのかを判断することは難しく、過去の通念や経験則の観点でこの用語が使われることが多い。 「ドレッシング買い」の名は、英語のWindow Dressing(ショーウィンドウの飾り付け)から由来。

用語集のTOPに戻る

ページトップへ