イースター(復活祭)

フリガナ:イースター

イースター(復活祭)は、基本春分の日の後の最初の満月の次の『日曜日』に祝われるので年によって日付が変わる移動祝日となる。但し、日付は変わるが必ず日曜日に祝われる。
キリスト教が優勢な国や地域においては復活祭の翌日の月曜日も休日にされることがあり、欧州や米国における主要株式・債券市場は、復活祭の前の聖金曜日、復活祭後の月曜日に休場となる。

用語集のTOPに戻る

ページトップへ