FXの基礎知識

FXの魅力

豊富な注文方法

成行注文(クイックトレード)

値段の指定をせずに画面上で表示される為替レートで注文を発注する注文方法。

指値注文・リミット

指値注文(リミット)とは、トレード画面上で表示されている現在の為替レートではなく、お客様がレートを指定して発注する注文方法です。
新規注文の場合「価格がここまで安くなってから買いたい場合」などとします。
決済注文の場合「価格があるところまで上がったら利益を確定させたい場合」など、あらかじめ希望するレートを指定しておくと、そのレートになったときに約定します。

CASE STUDY
現在ドル/円が100円とします。
アイさんは、もう少しドルが安くなってから買おうと思い、99円で買いの逆指値注文は「ストップ・ロス注文」として使われる以外にも、市場トレンドに乗って積極的に為替差益を狙う活用方法があります。指値注文を出しました。
その後下落し99円になったので注文が約定しました。
その後アイさんは、101円になったら決済したいと思い101円で売り決済の指値を設定しました。

逆指値注文・ストップ

逆指値注文(ストップ)とは、トレード画面上で表示されている現在の為替レートではなく、お客様がレートを指定して発注する注文方法です。
新規注文の場合「どちらかにトレンドが継続すると想定した場合、今のレートよりも高くなったら買いを執行、低くなったら、売りを執行」などとします。
決済注文の場合「損失が拡大しないようにあるレートまで動いたら決済する場合」などが多く使用されます。「ストップ・ロス注文」とも言います。

CASE STUDY
ドル/円を成り行きで101円で買ったとします。
同時にアイさんは、損失が拡大するのが嫌だった為、100円で売り決済の逆指値を設定しました。
その後下落し100円になったので注文が約定しました。

トレンド追従型の逆指値注文

逆指値注文は「ストップ・ロス注文」として使われる以外にも、市場トレンドに乗って積極的に為替差益を狙う活用方法があります。

CASE STUDY
現在値が99円とします。
アイさんは、現状の予測はつけにくいが100円を超えてくるようであればさらに上昇すると予測しました。
その際、現在値よりも高い値で買うという予約をします。これが逆指値となります。

IFD注文

IFD注文は、2つの注文を同時に出す方法で、注文1の約定後に注文2が自動的に発注される注文方法です。

CASE STUDY
1. 利益を確定させる
現在ドル/円が95.50円とします。
アイさんは、予測として一度ドルが下落しその後上昇すると見込みました。
その為、95円で買い指値(注文1)、同時に注文1が約定後、発注される96円の決済注文(注文2)を出しました。
CASE STUDY
2. 損失を限定させる
現在ドル/円が95.50円とします。
アイさんは、予測として一度ドルが下落しその後上昇すると見込みました。
しかし思惑と反対に動いた場合、50銭の損失で限定させる為、95円で買い指値(注文1)、同時に注文1が約定後、発注される94.50円の決済注文(注文2)を出しました。

OCO注文

OCO注文は、2つの注文を同時に出して、一方が約定したらもう一方が自動的にキャンセルされる注文です。
通常は、指値注文と逆指値注文を同時に出す方法がよく用いられます。

CASE STUDY
アイさんは、先日100円でドルを買いました。
現在、ドル円は、102円で推移しています。
しかしアイさんは、今後106円まで上昇することを見込んでいますが仮に下落した時でも、1円の利幅は確保したいと考え、106円の決済指値注文(注文1)、同時に101円の逆指値注文(注文2)もだしました。

このケースでは(1)が先に約定すれば(2)が自動的にキャンセルされ、逆に(2)が先に約定すれば(1)はキャンセルされます。

IFDO注文

IFDO注文は、IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法です。
注文1の約定後に注文2、3のいずれかが自動的に発注され、注文2か3が約定した際は、未約定注文は、自動的にキャンセルとなります。

CASE STUDY
現在ドル/円が95.50円とします。
アイさんは、予測として一度ドルが下落しその後96円まで上昇すると見込みました。
しかし思惑と反対に動いた場合には、50銭分の損失で限定させたいと考えました。
その為、95円で買い指値(注文1)、同時に注文1が約定後、発注される96円の指値決済注文(注文2)及び94.50円の逆指値決済注文(注文3)を出しました。

FXの基礎知識 のトップに戻る

ページトップへ