山中康司のループイフダン戦略レポート(2021年6月②)

yamanakaTOP.jpg



ループイフダン「2021年6月の戦略・月中レビュー」

●次回セミナーのお知らせ

6月26日(土)13:00~にオンラインセミナーを行います。前回同様、週末昼間の開催となります。詳細は以下のページをご覧の上で参加申し込みをお願い致します。
https://inet-sec.co.jp/news/detail.jsp?id=394

過去に実施したオンラインセミナーは以下のURLでオンディマンド視聴が可能です。

内容は大きく変わりませんが、過去のセミナー時点での実績を公開しておりますのでよろしければご覧ください。

https://inet-sec.co.jp/seminar/onlineseminar/

●移動平均で攻めるループイフダン戦略(戦略概要)

長めのポジション保有を前提に「週足終値が20週移動平均線よりも上にあるか、下にあるかでトレンドを判断」します。ダマシを回避するため「実際の売買は、2週連続で終値が上か下というフィルター」をかけます。リスク管理はこれまで同様で最大ポジション数はドル円が10(その他は5)、損切設定はあり、とします。(*下線部分は昨年11月からの変更)

使用チャートは日々の動きを明確にするため、複数時間枠表示という手法で日足チャートに週足移動平均線を重ねています。階段状になっているのはそのためで、1週間(5営業日)単位で移動平均線の値が変化していることがわかります。また、週足終値の位置を間違えないよう、日足を1週間ずつ青い四角で囲ってあります。つまり、青い四角の中の最後の日足終値が週足終値と同じです。また紫の四角で1か月を囲み、各月の値動きもわかりやすくてあります。

ポートフォリオ全体の資金管理としては、以前の戦略と同様「1か月の最大想定損失額25万円以上に到達した通貨ペアに関しては、いったん全てのポジションを仕切った上で月末まで運用見送り」というスタンスです。なお、この状態で「ポジションが無い状態での翌月のエントリーは、2週連続で終値が上か下かというトレンドが確定した週末を待つこと」としています。つまり、再エントリーの場合でもフィルターをかけます。

ポートフォリオ全体としては、証拠金の6%を超える損失(当レポートでは30万円超の損失)で、全ての利益が出ているポジションも含めて成り行き決済とし、その場合は月末まで一切ポジションを持ちません。これは、複数通貨ペアで25万円以上の損失が出ることが無いようにするためのセーフネットです。

●ドル円

ドル円.png

【↑画像をクリックすると拡大します】

※赤い線が移動平均線です。

6月15日までのレンジ=109.18~110.32

6月15日時点の戦略=B50を継続

6月前半のドル円は、第1週に110円台に乗せたものの110円台半ばではドル売りオーダーが見られ反落、その後下押ししても109円水準ではドル買いオーダーも見られと上下ともにオーダーに抑えられ限定的な値幅での取引が続きました。6月に入り国内のワクチン接種速度が急速に進んできたことで為替市場ではクロス円での円売りポジションが減るであろうとの見方があるいっぽうで、東京オリンピック開催がほぼ確定したことで株式市場は底堅く、これは円売りという捉えられ方となっています。そうなると、材料的にも上下ともに抑えられやすい6月後半となりそうです。

ドル円は「B50」で継続運用しています。現時点のポジションは3単位、3,009円の含み損(平均約定レート110.277)となっていますが、上昇局面での売り直しを待っている状況です。6月前半の確定損益は10,517円の利益となっています。

●ユーロ円

ユーロ円.png

【↑画像をクリックすると拡大します】

6月15日までのレンジ=132.64~134.11

6月15日時点の戦略=B80を継続

6月のユーロ円は月初高値、昨日安値と月初からじり安の展開を辿っています。これは主にドル円の動きが鈍く横方向の動きとなっているいっぽうでユーロドルが下げているという点が大きいと言えます。ユーロの下げはECB理事会を前にそれまで買っていた向きのお維持ション調整の面が大きかったと思いますが、5月末の上昇局面で年初の高値をトライしきれなかったことから、にわかロング勢による投げもあったように思えます。そしてテクニカルにもユーロ一段安の可能性を残した状態で月後半に移ります。

ユーロ円はB80で継続運用していますが、現時点のポジションは2単位、1,208円の含み益(平均約定レート133.381)となっていますが、設定値幅での利食いを待っている状況です。6月前半の確定損益は7,880円の利益となっています。

●ポンド円

ポンド円.png

【↑画像をクリックすると拡大します】

6月15日までのレンジ=154.12~155.93

6月15日時点の戦略=B100を継続

6月前半のポンド円は、5月最終週の高値を超えられず若干下げてはいるものの、依然として高値圏でのもみあいを継続していると見てよいでしょう。昨日にはロックダウン解除の延期発表もありましたが、直後の下げを全て戻すなど依然として下値での買い意欲は強いと言えます。背景には経済正常化期待とその後のテーパリング思惑といったものがありますが、長期テクニカルでも2018年2月高値(156.59レベル)に近く、同水準を上抜けるとその上には目立ったレジスタンスが無いということもポンド買いを継続しやすい要因となっています。

ポンド円は「B100」で継続運用しています。現時点のポジションは1単位、2,070円の含み益(平均約定レート155.158)となっていますが、設定値幅での利食いを待っている状況です。6月前半の確定損益はありませんでした。

●豪ドル円

豪ドル円.png

【↑画像をクリックすると拡大します】

6月15日までのレンジ=84.30~85.19

6月15日時点の戦略=B80を継続

6月前半の豪ドル円は高値圏でのもみあいとはなっているものの、ほとんど動意が見られずわずか89銭のレンジに留まっています。材料的には世界的なワクチン接種進行による景気回復期待が資源価格を上昇させていることは豪ドルにとって好材料となるいっぽうで先週開かれたG7サミットで中国への対決姿勢を強めたことで、G7に同調している豪州にとっては豪中間の関係悪化が継続するという悪材料にもなり、高値圏で膠着になったと言えそうです。

豪ドル円は「B80」で継続運用しています。現時点のポジションは2単位、6,244円の含み損(平均約定レート85.095)となっていますが、上昇局面での売り直しを待っている状況です。6月前半の確定損益はありませんでした。

●ユーロドル

ユーロドル.png

【↑画像をクリックすると拡大します】

6月15日までのレンジ=1.1985~1.2253

6月15日時点の戦略=B60を継続

5月前半のユーロドルはユーロ円の説明でも触れたとおりですが、月初高で始まり2週目には多少の買い戻しを挟んで再び下げと5月最終週の高値で短期的な高値を確認した値動きとなりました。理由はユーロ円でも書いたので簡単に繰り返しておくと、ECB理事会を前にしたポジション調整による売りだったと考えられます。ECB理事会は通過したもののその後も上値の重たい展開となっていることから、テクニカルにもユーロ安方向への反転パターンを形成中に思え、引き続き下げの動きに注意が必要なようです。

ユーロドルは「B60」で継続運用しています。現時点のポジションは3単位、15,895円の含み損(平均約定レート1.21653)となっていますが、上昇局面での売り直しを待っている状況です。6月前半の確定損益はありませんでした。

●カナダ円(チャート、ゾーンのみ)

カナダ円.png

【↑画像をクリックすると拡大します】

6月15日時点の戦略=B80を継続

●スイス円(チャート、ゾーンのみ)

スイス円.png

【↑画像をクリックすると拡大します】

6月15日時点の戦略=B80を継続

●ランド円(チャート、ゾーンのみ)

ランド円.png

【↑画像をクリックすると拡大します】

6月15日時点の戦略=B50を継続

●トルコリラ円(チャート、ゾーンのみ)

リラ円.png

【↑画像をクリックすると拡大します】

6月15日時点の戦略=S50を継続

●メキシコペソ円(チャートのみ、ゾーンのみ)

ペソ円.png

【↑画像をクリックすると拡大します】

6月15日時点の戦略=B50を継続

(注)メキシコペソ円はデータ配信元の仕様でバーチャート表示となっていますが、移動平均線の計算には影響しません。

●NZドルドル(チャート、ゾーンのみ)

NZドルドル.png

【↑画像をクリックすると拡大します】

6月15日時点の戦略=B80を継続(移動平均線に近く月末前に転換の可能性あり)

●豪ドルNZドル(チャート、ゾーンのみ)

豪ドルNZドル.png

【↑画像をクリックすると拡大します】

6月15日時点の戦略=S80に転換(6月4日終値)*その後移動平均線を上抜け月末前に再転換の可能性あり。



著者の他の記事も読んでみよう

山中康司.png



【本レポートに関するご注意】

  • アセンダントが提供する本レポートは一般に公開されている情報に基づいて記述されておりますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。使用されている為替レートは実際の取引レートを提示しているものでもありません。
  • 記述されている意見ならびに予想は分析時点のデータを使ったものであり、予告なしに変更する場合もあります。レポート内のチャートはFibonacci Trader社のテクニカル分析ソフトを承諾を取り使用しています。
  • 本レポートはあくまでも参考情報であり、アセンダントおよび株式会社アイネット証券は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。
  • アセンダントおよび株式会社アイネット証券は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。
  • アセンダントおよび株式会社アイネット証券の許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

著者プロフィール

著者アイコン
山中康司
1982年アメリカ銀行入行、1989年バイスプレジデント、1993年プロプライエタリー・マネージャー。1997年日興証券入社、1999年日興シティ信託銀行為替資金部次長。2002年アセンダント社設立・取締役。テクニカル分析と独自のサイクル分析を融合させたトレンド分析には定評がある。ループイフダン関連書籍『マンガでわかる FXの新常識ループ・イフダンでらくらく稼ぐ』を監修。