まさかの急激な円安です。すくみ手法はトレンドには弱いため、変化に対応します。【SSS】

SSStitle.jpg



ループイフダンの5すくみが円安トレンドに被弾しました。急激なトレンド時にはすくみ手法はとても弱く、含み損が増えていっています。この状況をどのように打破するかを考えてみたいと思います。

このシストレちゃんねるを運営するアイネット証券ループイフダンで、「すくみ手法」という形で仕組みを回しています。この手法は両建て手法ですので、レンジの間はとても良い結果となりますが、ひとたびトレンドが出るととても悪い含み損を増やしていきます。そのため様々な方法で途中で止める必要が出てきます。止めずに戻るまで待つのも手なのですが、精神衛生上よくありません。このすくみの特性を理解しつつ、次の手をうちつつ、次のレンジに向け検討していく、これらの一連の流れを今回は考えたいと思います。

SSS20181228.png

すくみ手法は良くも悪くも両建て手法ですので、一般的な両建ての特性が出てきます。つまり上に上がっても、下に下がっても含み損が増えていく状態ができるということが、まずは見て取れますし、今回の円安も同じ状況になってきています。

この両建ては、FXにおいてはとても良い手法のひとつとなりえるのです。その理由はFXは大局的な視座で見れば、常にレンジ取引となっているためです。FXは株などとは異なり、通貨の価値が一方通行で行き過ぎることはあまりありません。一方通行が無ければ、同じところでくるくる回し続けることで、通貨価値の変遷を取り続けることが可能となります。そのため、FXにおいて、両建て手法は一定の価値を出し続けてきました。すくみ手法もドル円が収束してきた状態の時間の時はとても良い利益がでていました。

ただ10月中旬にきた大きな円安のように、ひとたびトレンドが始まってしまうと、そのトレンドによって、片方の含み損が増大するため、大きな不利益を被ってしまいます。10月中旬の円安はとても鋭く、一気に円安に振れていってしまいましたが、その状態が続くとどんどん新しい売りポジションを持ってしまい、大きな含み損が膨れ上がっていくのです。急激な円安トレンドにはすくみ手法はやはり弱いです。この状態をどうにかケアしたいと思います。



ヘッジポジションを入れるのはありですね。完全に逆に動くのであれば、ヘッジではなく、完全にヘッジが現在のポジション数を上回ってしまってもいいとは思います。

今回の円安がまだまだ続くと思われるのであれば、完全に円売りにシフトしてしまってもいいと思います。これは現状の否定になるので、なかなかやりにくいですが、とりあえず少量の円売りヘッジポジションは、現在の円買いポジションの含み損を減らしてくれることは間違いありません。円買いのポジションを減らせれば、まずは心が安定して、次の流れを考えることができます。ヘッジと損切は実は一緒のことなのですが、ヘッジはそのまま次の利益にしてしまうこともできますし、何よりポジションとして見える化できているので、何をしているかがとてもわかりやすいと感じています。含み損は常に持ち続けるのですが、総資産量を常に把握し続ければ、ヘッジしつつの含み損をもつことが、単純な損切よりとても良いわかりやすい手法となると思います。

しかし今回の円安はそれにしても鋭く、FXとしては難しい日々が続きます。心の安定感は必須ですね。
アイネット証券のループイフダンではとりあえず、すくみ手法を続けるのもありですが、まずは落ち着いて、円買いループイフダンを止め、円売りのループイフダンだけにしてしまうのはありです。

また含み損は現時点では切らなくともいいですし、ヘッジを入れるポジションを持つなら、含み損は切ったことと同等の効果を持ちつつ、ヘッジというかたちに向かう姿勢で、気持ちは楽になります。やはり含み損を切り、損失を確定させるのは、気持ちよくありませんよね。損を受け入れるのはとても疲れます。ただ、ヘッジを覚えて、少しだけヘッジを入れていくと、損が安定してきます。なぜならすでに、ヘッジポジションは損切と同等の効果を持っているためです。心の安定感を出せる状態をまずは作りましょう。



《すくみ手法の伝道師SSS》タイアップキャンペーン

口座開設+10万円以上の入金で特別レポートプレゼント!
アイネット証券の口座開設はこちら



ループイフダンを円安ロケットにすることもありです。円安ロケットとは、外貨買い、円売りループイフダンを増やすことです。

例えばこのように、ひたすら円を売り続ける形で、ロケットのように、円を売り、外貨を買い続けるループイフダンB系のシステムを増やしてしまうのもありですね。利益が大きく出る可能性が高まります。

20181024SSS-2.png

ループイフダン自体を外貨買いに完全に変えてしまうのもありだと思っています。今回の円安はそれほどのスピード感と勢いを持っています。ここから大きく株価が落ちてきて、初めてまた次の考え方を持とうと思いますが、まずは恐ろしいスピードで上がっている状態を一度見極める必要がありますね。月足チャートで各外貨が円安になりそうな状態も見えるため、無理なく円を売り、外貨を買っていく必要があるタイミングだと思っています。ヘッジポジションを持つか、外貨買いループイフダンを仕掛けるか、様々な方法は考えられますが、すごい円安が今後も来そうですので、円安への頭の切り替えが必要になってきたと感じています。



《すくみ手法の伝道師SSS》タイアップキャンペーン

口座開設+10万円以上の入金で特別レポートプレゼント!
アイネット証券の口座開設はこちら

SSS前.png

SSS次.png

著者の他の記事も読んでみよう

SSS.png

<著者運営ブログをチェック!>

SSSの世界観

このエリアにHTML要素を追加する

【注意事項】

  • 本レポートは筆者の主観及び経験に基づき執筆されており、内容の正確性や完全性を保証するものではありません。両建てやすくみは株式会社アイネット証券が推奨するものではありません。筆者及び株式会社アイネット証券は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。
  • 本レポートはあくまでも参考情報であり、筆者及び株式会社アイネット証券は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。
  • 筆者及び株式会社アイネット証券の許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。
  • 当コラムにてループイフダンの実績を紹介する際に使われている「年利」は元金に対する年間の利益率を指しており、金利や利息を指すものではありません。
  • スワップポイントは一定ではなく変更される場合がありますのでご注意ください。また、変更により、「受取」から「支払」へ転向する可能性がありますのでご注意ください。

著者プロフィール

著者アイコン
SSS
大変運が良いため人生楽しく過ごしています。変動と金利と消費効率の最大化が大好きです。主にシステムトレードで両建てと独自の「3~すくみ」の考えを使い、安定的に為替差益を取りながら運用しています。加えて株、仮想通貨、不動産など他の投資も比較しつつ資産形成を行っており、SSSの世界観というブログにまとめています。
※ 運営ブログ:SSSの世界観 http://www.world-sss.jp/