資産運用にはどんな種類があるの?

資産運用にはどんな種類があるの?



どんなもので運用するのかによって、 資産の増え方や関わるリスクが異なる

資産を運用して増やしていく際に、その具体的な手段となってくるのが金融商品です。金融商品とは、銀行や証券会社などといった金融機関が取り扱っているもので、タイプの異なる様々な選択肢が用意されています。

では、各々の金融商品はどういったところに違いがあるのか? 大きく、3つの観点から見比べることが可能となっています。

それは、①安全性②収益性③換金性の3つです。

①の安全性とは、運用して増やすつもりだったにもかかわらずそれが叶わなかったり、逆に減ってしまったりする可能性の有無です。

②の収益性とは、一定の期間内に資産をどれだけ増やせる可能性があるのかという観点のことです。数カ月で2倍、3倍になる可能性を秘めているものもあれば、ほとんど増えないものもあるなど、金融商品の収益性は実に多様性に富んでいます。

残る③は、現金化したいと思った際にすぐに応じてもらえるか否かというポイントです。しばらく使い道のない余裕資金なら換金性はあまり問われないでしょうが、そうでなければ軽視できない観点となってきます。

これら3つの観点から比較し、目的や費やせる期間、目標額などに応じて使い分けるのが資産運用の基本です。



資産運用には、どんな種類(選択肢)があるの?

具体的な金融商品としては、どのような選択肢が用意されているのでしょうか? 代表的なものを例に挙げながら、前述した3つの観点から違いを見比べていきます。

まず、誰もが知っている金融商品だと言えるのが預貯金でしょう。銀行が取り扱っているのは預金で、郵便局やJAバンクなどで利用できるのが貯金です。

どちらも商品性は同じで、元本と利息の支払いが約束されています。万一、お金を預けていた金融機関が経営破たんしたとしても、預金保険機構や貯金保険制度といったセーフティーネットが設けられていて、1名義につき1,000万円までの元本とその利息の支払いが保証されています。

つまり、預貯金の安全性は他の金融商品と比べて高いということがわかります。換金性については、普通預金(通常貯金)ならいつでも引出自由で、定期預金(定期貯金)は1カ月や3カ月、1年などといった満期のタイミングで基本的には換金可能です。約束していた期間よりも早いタイミングでの引出も可能ですが、その際は定期預金(定期貯金)の元々の金利よりも低くなってしまう可能性があります。

残る観点である収益性については、現状の預貯金は低いと言わざるをえません。日本銀行の金融政策によって金利がゼロ同然の水準まで低下しており、たとえば100万円を1年間預けたとしても100円(適用金利0.01%)といった利息しか得られないのです。

これに対し、収益性の高さが魅力となっているのがFXや株式です。FXは「外国為替証拠金取引」ともいい、為替レートの変動に応じて為替差益が得られます。

一方、株式は企業が発行している株券を取引し、その値上がり益を追求できます。FXと株式のどちらも市場で自由に売買できるので換金性も高いと言えますが、銘柄(通貨ペア)によっては取引が活発でないことを理由に売買が成立しにくくなるケースも出てきます。

そのこと以上に、FXや株式において注意を払うべきは安全性でしょう。収益性の高さの裏返しで、逆に損失が発生して元本割れとなるリスクも抱えているからです。



安全確実な運用のメリットとデメリット

安全性の高い金融商品としては、預貯金以外にも債券や債券ファンドなどが挙げられます。債券とは借用証のようなもので、発行体(債券の発行元)からこれを購入すると、所定の期日に元本とその利息相当分が得られる仕組みになっています。

債券にもいくつかの種類があり、国が発行するものが国債、企業が発行するものが社債です。元本と利息の支払いはそれぞれの発行体が約束していることで、その観点からすれば、国債は比較的高い安全性があり、社債の安全性は個々の企業の信用力によって差があります。

債券の利息は、こうした信用力に応じて違ってきます。信用力の高いものほど利率が低くなり、逆に信用力の低いものほど高くなっているのです。

また、債券ファンドは投資信託(ファンド)の一種で、債券を投資対象としています。投資信託とは、複数の顧客から集めた資金を1つにまとめて、投資の専門家が特定の方針に沿って運用を行うという金融商品です。

ファンドによって具体的にどのようなタイプの債券に投資しているのかには違いがあり、安全性の高い運用を心がけているものは、期待できるリターンも低くなります。こうした安全性の高い金融商品は、資産を守りつつ増やすことに主眼を置いた運用に適していると言えるでしょう。

収益性の高い運用のメリットとデメリット

一方、安全性の高い金融商品の対局に位置するのがFXや株式、さらに株式ファンドなどです。株式ファンドは投資信託の一種で、株式を運用対象としています。

では、これらのメリットとデメリットとは何でしょうか? メリットはやはり高いリターンを期待できることが挙げられるでしょう。

そして、デメリットはその裏返しで、より大きな収益を追求できるものほどリスクも高くなってきます。意に反して損失を被り、元本割れが生じてしまう恐れがあるということです。

ただ、FXや株式には様々な運用手法があり、その違いによってもリターンやリスクの度合いは異なってきます。たとえば、一定の値幅で自動的に売買を繰り返すシステムトレード(プログラミングによる自動売買)なら、リスクを抑えつつ堅実に利益を積み上げていくことが可能です。



いくつかの種類を組み合わせて資産運用を行うという発想も!

資産運用において大切なのは、ここまでに紹介してきたような金融商品ごとの特性をきちんと知っておくことです。そのうえで、自分の性格や目的、目標に応じて選び分けることが求められてきます。

「増えなくてもいいから、一切減らしたくない」と思う人なら、安全性の高い金融商品を優先的に検討すべきでしょう。あるいは、「すぐにお金が必要というわけではないけれど、老後のためにできるだけ多くのお金を蓄えておきたい」と考えているなら、収益性の高い運用に取り組んでみるのも一考です。

理想を言えば、それぞれのバランスを考慮しながら、スクやリターンが異なるいくつかの金融商品を組み合わせて運用するのが望ましいでしょう。たとえばマイホーム購入の頭金や子どもの教育費など、絶対に確保しておきたいお金は安全性の高い金融商品で運用し、余裕資金を収益性の高いものに投資して大きく増やすことを目標に運用することも一つの方法です。

タイプの異なる金融商品を組み合わせると、それぞれのメリットが活かされます。それとともに、ある金融商品のデメリットを他のメリットがカバーするといった作用も期待できるのです。

収益性の高い金融商品にしても、特定のものだけに資金を集中させず、できればいくつかに分散しておくのが無難です。この分散投資も資産運用の鉄則と言えます。

≪ プレミアムコンテンツ(前回記事):資産運用とは

プレミアムコンテンツ(次回記事):どんな方法で資産運用を行うのがベストか? ≫



【注意事項】

・本レポートは筆者の主観及び経験に基づき執筆されており、内容の正確性や完全性を保証するものではありません。筆者及び株式会社アイネット証券は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。

・本レポートはあくまでも参考情報であり、筆者及び株式会社アイネット証券は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。

・筆者及び株式会社アイネット証券の許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。