【2022年最新版】NZドル/円の今後の見通しと運用戦略を解説【鈴木拓也】

鈴木拓也_トップ202105.png

こんにちは、元メガバンク為替ディーラーの鈴木拓也です。

2021年10月に急騰したNZドル/円(NZD/JPY)ですが、その後は2022年1月下旬までにかけて下落基調。1NZドル82円台から75円を割り込むところまで急落しました。2022年に入り、再び上昇基調となっているNZドル/円ですが、はたして今後はどう変動していくのでしょうか?今回は2022年の見通しとNZドル/円で稼ぐ運用戦略についてお伝えしていきます。

【今回の記事でわかること】
2022年上昇基調の背景

2022年にNZドル/円で稼ぐための戦略



1.2022年上昇基調の背景

2022年1月下旬に75円を割り込む安値をつけたNZドル/円。2月に入り、78円台まで回復しています。その背景にはニュージーランド経済の堅調ぶりと、3会合連続で引き上げられている金融政策があります。

2022年2月23日・政策金利は1.00%まで引き上げられる

新型コロナが世界中で感染の勢いを増す中で、比較的抑え込みに成功していたのがニュージーランドです。その徹底した対策ぶりは世界中から高く評価されています。規制の強化によって2021年第3四半期のGDPは前期比3.7%のマイナスと、3四半期ぶりのマイナスに落ち込んだものの、ロバートソン財務相は「個人消費は盛り返し、雇用状況も改善している」と前向きな発言をしていました。

ニュージーランド準備銀行(RBNZ)は、物価の安定のため2020年3月から0.25%だった政策金利を10月に0.50%、11月に0.75%と引き上げ、2022年2月23日には3会合連続の引き上げで1.00%」としました。物価を安定させつつ、持続可能な最大限の雇用を支援するため引き続き金融政策を引締めるとコメントしています。また、大規模資産購入プログラムによって保有した債券を段階的に縮小していく方針についても言及しました。市場はこの対応を評価し、NZドル/円は78円台まで回復したのです。

資産逃避先としても機能している

現状、世界中が懸念しているのがロシアのウクライナへの侵攻です。2月24日、実際にロシアが軍事行動を起こし、世界中で株価が大幅下落するリスクオンの状態に陥りました。ただしNZドル/円はあまり大きな影響を受けていません。一時的に76円台まで下落したものの、すぐに77円台を回復しています。ウクライナの緊張状態が続く中でユーロが売られ、NZドルが買われ続けているからです。1ユーロ1.73NZドルだったのが、地政学リスクの高まりによってわずか4日で1.66NZまでNZドル高になっています。

ロシアへの経済制裁により原油高が最高潮の勢いになっていて、小規模ながら産油国であるオーストラリアの豪ドルが買われており、連動性に強いNZドルも上昇している状態です。ニュージーランドは中国の経済に依存していますので、今回のウクライナ侵攻の影響を直接的に受けにくいため、ユーロの資産がNZドルに流れているという見方もできます。ニュージーランドは鉱物や原油などは産出していませんが、畜産・農業が輸出の7割ほどを占めていますから、世界的に物価上昇となっている中、ニュージーランド経済には安定感があります。資産逃避先として魅力的で、今まで以上に注目を集めているのがNZドルなのです。

2022年上昇基調の背景のポイント!
・経済回復が順調で、3会合連続の利上げを行った
・欧州の混乱の中、資産逃避先としてNZドルが買われている



2.2022年にNZドル/円で稼ぐための戦略

それでは2022年にかけてNZドル/円で稼いでいくためには、どのような点に注目していくのがいいのでしょうか?その戦略についてご紹介していきましょう。

NZドル75円の強いサポートラインを利用

2021年以降、NZドル/円には75円のラインに強いサポートがあります。新型のオミクロン株の感染拡大でも一時的に割り込むぐらいで反発していますし、ロシアのウクライナ侵攻というリスクオフの局面でも76円台と下値が限定的だったことを鑑みると、このサポートラインはかなり強いと考えられます。

ただし、80円にもレジスタンスラインがありますので、当面はこのレンジ内でのもみ合いとなりそうです。75円~76円であれば買い、80円近くまで上昇してきたら売りというのが効果的な利益の上げ方です。仮にここをブレイクした場合、下値は72円まで、上値は84円ぐらいまでは想定しておいてもいいかもしれません。RBNZは、今後の原油価格・輸送コストの上昇やサプライムチェーンの混乱によって、インフレ率が短期的に上昇することを予測しており、より大幅な利上げの用意もあるとコメントしていることから「2.00%までの利上げ」の可能性もあります。この場合は一気に80円をブレイクしていくでしょうから、上昇トレンドに乗っていくのがいいでしょう。

自動売買取引で取引機会を増やす

安定感が増しているNZドルなので、現状としては買いの方向でトレードしていくのがいいでしょう。ただし、もみ合いの展開が予想されますので狭いレンジでの反発を繰り返しても、取引回数を増やし利益を積み上げていくことが重要です。とは言っても、本業が忙しい、家事が忙しいという人も多いでしょうから、こういう局面では自動売買ツールを有効活用して、取引回数を増やしていくのがベストです

裁量トレード専門で、自動売買ツールを利用したシステムトレードには不慣れだという人はアイネット証券がサービスを提供している「ループイフダン」がお勧めです。買いか売りかどちらか一方の設定にはなるものの、仕組みがわかりやすく、自動売買初心者でも簡単に設定することができる点が大きなメリットです。ループイフダンを利用すれば、本業の間も寝ている間であっても24時間取引を継続してくれます。まさに不労所得です。

逆のトレンドが発生したとしても、日々のヘッドラインニュースに敏感になっておけば、設定を変更することでカバーできます。マーケットの情報入手や分析まで怠けてしまって完全に自動売買ツール任せにしてしまうと、含み損がかさみ、損切りが続くことになりますので、毎日必ず情報入手、チャートの確認はするようにしてください。

2022年NZドル/円で稼ぐための戦略のポイント!
・75円の強いサポートラインを利用して買いの方向。ただし80円に近づくと逆張りが有効的。
・レンジ相場で利益を効果的に積み上げていくためにも、自動売買ツールを効果的に利用する。



3.NZドル/円の今後の見通しと運用戦略を解説のまとめ

世界中で金融引き締めの舵取りをしている中、ニュージーランドも同様の流れで利上げを行っています。今後は益々日本との金利差が大きくなってくることでしょう。スワップポイントも期待できるようになってくるため、ロングでインカムゲインとキャピタルゲインの両方を狙っていくことができます。

ただしまったく不安要素がないというわけではありません。ニュージーランド経済は中国と密接に関わっていますので、ロシアによる混乱が中国経済にも波及してその余波を受ける可能性もありますので、今後の中国の出方がどうなるのか注目しつつ、欧州の混沌とした状況が落ち着くまでは注意が必要です。

当サイト限定キャンペーン

ループイフダンの詳しい戦術については、タイアップ無料教材「ループイフダンで稼ぐ技術」をご利用下さい。

以下のリンクから新規口座開設をし、10万円以上の入金をされた方に配されます^^

アイネット証券の口座開設をする

ループイフダンで稼ぐ技術の詳細は以下のページをご覧ください。

FX自動売買の教科書「ループイフダンで稼ぐ技術」をプレゼント

鈴木拓也1129pic5.png

鈴木拓也_前.png

著者の他の記事も読んでみよう

鈴木_拓也.png

このエリアにHTML要素を追加する

【注意事項】

  • 本レポートは筆者の主観及び経験に基づき執筆されており、内容の正確性や完全性を保証するものではありません。筆者及び株式会社アイネット証券は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。
  • 本レポートはあくまでも参考情報であり、筆者及び株式会社アイネット証券は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。
  • 当コラムにてループイフダンの実績を紹介する際に使われている「年利」は元金に対する年間の利益率を指しており、金利や利息を指すものではありません。
  • 筆者及び株式会社アイネット証券の許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

著者プロフィール

著者アイコン
鈴木 拓也
・公益社団法人 日本証券アナリスト協会認定アナリスト(CMA)
・メガバンクの本店・香港支店で為替ディーラー業務を経験
・東京工業大学大学院修士課程修了
・株式会社フィンテラス代表取締役
運営サイト:https://fx-megabank.com/