ループイフダンで想定していた値幅から外れてしまった時に考えたいこと【タクスズキ】

タクスズキトップイメージ.jpg

どうも。3,500万円以上を資産運用に回してるタクスズキ(@TwinTKchan)です。

今回は、ループイフダンで「これくらい動くだろう」と設定していた値の範囲よりも、上か下に動いてしまった時の対処法を考えてみます。

 

特に、最近の「豪ドル/円(AUD/JPY)」が下に行ってしまい焦ってる人もいると思いますので、こちらの通貨を中心に書いてみます。

takusuzuki20190522-1.jpg

レンジから外れたら、ムダにポジションを取らない

ちなみに、最近の「豪ドル/円」の値動きはこちら。

 

takusuzuki20190522-2.jpg 

短期(7日)、中期(25日)、長期(50日)の移動平均線の並びからもわかるように、まだ下げそうな感じです。

 

この状態で、「買い(B)」で設定していた範囲から今のレートがずれてしまっているなら、新規でループイフダンを稼働させるのは待った方がいいと思っています。



1番怖いのはロスカットでの損失確定

待った方がいい理由は、ロスカットによる損失確定の可能性があるからです。

今後も下げそうなチャートにも関わらず、「今の含み損は将来の実現益だ」ということで、「買い(B)」で新規ポジションをとっていけば、ロスカットになる可能性も高まります。

「ナンピンして1番底の値段で買っておいて、また上がってから利益を取りたい」という気持ちもわかりますが、こういった状況で逆張りで買っていくのは危険です。

ポジションを取っていく中で、ロスカットされてしまったら「将来の利益」もとれないわけですからね。

なので、今であれば無理にポジションを取らず、「静観」という選択肢も大いにありだと思っています。



休むも相場

あと、今のようなどこまで下がるかわからない状況では、以下のような考え方もやめた方がいいです。

・「買いで持ってれば、スワップポイントがもらえる。だから、将来の利益にも備えて、下がる中でも買っておく」

スワップポイントがもらえたとしても、強制決済で損失確定して、損がスワップポイントを上回ってしまえば、元も子もないです。

なので、今は「休むも相場」と考えて、無理はしないようにしましょう。



裁量でショートもあり

また、どうしても利益を取っていきたいなら、「自動売買でなく裁量でショート」という選択肢もあります。

これなら、むやみにポジションを持たず、今のような下降トレンドでも利益を取れる可能性があります。

なので、こういった「いつもと値動きが異なる相場」では、裁量も組み合わせてみるといいですね。

 

というわけで、以上です。




【注意事項】

・本レポートは筆者の主観及び経験に基づき執筆されており、内容の正確性や完全性を保証するものではありません。筆者及び株式会社アイネット証券は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。

・本レポートはあくまでも参考情報であり、筆者及び株式会社アイネット証券は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。

・筆者及び株式会社アイネット証券の許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

著者プロフィール

著者アイコン
タクスズキ
ノマドで自由に仕事中。ブログと投資で収入得てます。
副業ブログ→独立→月商600万円超。
ブログで稼ぐ術まとめ→ https://bit.ly/2uMVttz
脱サラしたい人向けにやる気の出る言葉、お金の稼ぎ方、増やし方を発信。29歳。
運用は仮想通貨、投資信託、FX。記事→ https://bit.ly/2wCK65d

関連記事