鈴(suzu)のループイフダン リアルトレード(2018年5月28日週)

20180528_640×427.png

鈴(suzu)のループイフダン リアルトレード(2018年5月28日週)

シストレのひとつである『ループイフダン』を実際に運用し、その運用実績を毎週報告していきます。運用するのは取引量が最も多いユーロ/米ドルと人気の高い豪ドル/円の2通貨ペアです。

 

運用方針は10年単位での長期を想定し、2018年5月7日にループイフダンを仕掛けました。具体的な設定も解説していくので、参考にしてください。

 

 

1.1週間の運用利益

 

2018年5月28日週の運用結果をまとめました。

 

1週間の運用利益

通貨ペア

利益

含み損

時価残高

ユーロ/米ドル

3,361円

-15,509円

-8,749円

豪ドル/円

2,427円

-2,302円

3,593円

合計

5,788

-17,811円

-5,156円

 

運用4週目はユーロ/米ドル、豪ドル/円ともに決済し、合計で約6,000円の利益でした。

 

運用約1ヶ月としては悪くない感じですね。

 

初回から”ループイフダンをはじめとするシストレは序盤のうちは利益よりも含み損が多くなる方が一般的”と言いましたが、やはり時価残高はマイナスです。それでも、事前に想定したレンジ内ですので、全く問題ありません。

 

豪ドル/円はもうプラスになっていて素晴らしいですが、含み損の多いユーロ/米ドルも伸びしろがあって先が楽しみです。

 

ループイフダンは下落して含み損が多くなる⇒相場が回復して決済益が出る⇒下落して含み損が多くなる⇒…を繰り返して利益を増やしていきます。 

自動売買の含み損説明.jpg

つまり、今後回復するときにがっつり利益を得られるはずなので、ロスカットしない範囲で下落する分には大歓迎です。

 

実際に口座状況を確認しても口座維持率1,730%とロスカットには程遠く、十分な維持率であることがわかります

ループイフダン_口座状況20180602.png

ちなみに表の時価残高とは累計利益から含み損を差し引いた金額、つまり、保有しているポジションをすべて決済した際に残る金額としています。

 

 

2.累計利益と時価残高の推移

 

累計利益と時価残高の推移をグラフにまとめました。

ループイフダン20180528.jpg

運用4週目の時価残高を確認すると豪ドル/円はプラス、ユーロ/米ドルはマイナスです。

 

ユーロ/米ドルは大きくマイナスですが、ループイフダンは含み損が増えた後の相場回復時に大きな利益を得られる仕組みなので、今後の相場回復に期待したいです。

 

今後も1週間ごとの運用状況を蓄積していき、①決済による利益がどのように積み重なっていくのか②時価残高はどのように推移していくのかの2点を検証していきます。

 

仕掛けたループイフダンの具体的な設定やその設定にした理由については、初回のレポートで解説しています。ループイフダンの運用を考えている人はそちらも参考にしてください。

鈴(suzu)のループイフダン リアルトレード(2018年5月7日週)

※該当箇所は後半の「3.ループイフダンの運用方針」以降です。

 

著者運営ブログをチェック!

不労所得でセミリタイアを目指す30代のブログ

 

【注意事項】

・本レポートは筆者の主観及び経験に基づき執筆されており、内容の正確性や完全性を保証するものではありません。筆者及び株式会社アイネット証券は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。

・本レポートはあくまでも参考情報であり、筆者及び株式会社アイネット証券は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。

・筆者及び株式会社アイネット証券の許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

著者プロフィール

著者アイコン
鈴(suzu)
投資家兼ブロガー。”ほったらかしでも利益が積み重なる”を信条とし、FXの自動売買やスワップ運用、株価指数CFDの配当金運用などチャートに張りつかなくてもできる資産運用を実践している。運営ブログ『不労所得でセミリタイアを目指す30代のブログ』では、自身が取り組んでいるほったらかしの資産運用をブログ読者でも再現できるように解説している。
※ 運営ブログ:https://semiritaiafx.com/