FXはシストレで稼ぐ!賢いシストレ口座選びのポイント

fxはシストレで稼ぐ!賢いシストレ口座選びのポイント.jpg

FXのシステムトレードをやってみたいと考えている人は、システムトレードの特徴を理解することが大切です。システムトレードにはさまざまな特徴と魅力があります。特徴を理解すれば、自分に合ったシストレ口座を選び、うまく使いこなすことができるようになります。そこで、システムトレードでしっかり稼ぐための基礎知識として種類や魅力などをご紹介したうえで、シストレ口座の選び方のポイントやループイフダンなどおすすめのシストレについても解説します。

目次

FXのトレード方法には2種類

FXのトレード方法には、大きく分けると、裁量トレードシステムトレードの2つがあります。システムトレードの仕組みやメリットを理解するためには、まず、それぞれのトレード方法の特徴と違いを把握することが重要です。

裁量トレードとは

システムトレードを理解するためには、裁量トレードについても知っておく必要があります。裁量トレードの「裁量」とは、人の判断のことを指します。つまり、裁量トレードとは、FXの取引にあたって、売買の数量や売り買いの判断、タイミングなどについてプログラムに委ねるのではなく、人が判断するトレードのことです。

裁量トレードのメリットは、3つあります。1つは取引タイミングの自由度があることです。取引したいときだけ取引できる点がメリットです。もう1つは取引の内容も自分で決められることがあげられます。通貨ペアや数量、取引手法について自由に選択できる点がメリットです。3つ目は、融通がきくため、相場の急変にも対応できることです。メリットを一言でまとめると、自分がやりたい取引を自由にできることだといえるでしょう。

ただし、デメリットもあります。デメリットはメリットの裏返しです。まず、取引すべきタイミングを自分で決定する必要があります。また、どの通貨ペアを選択すべきか、どの程度の数量で取引すべきかを自分で考えて決めることも必要です。さらに取引手法についても最適な手法を自分で選択することが求められます。すべてにおいて自らの判断が必要となりますので、ある程度の知識がないと裁量トレードで稼ぐことは難しいでしょう。

シストレ(システムトレード)とは

システムトレードとは、取引判断をプログラムに任せるトレードのことです。システムトレードにはさまざまな種類があり、どこまでを人が判断し、どの部分をシステムが担うのかには違いがあります。しかし、共通している点は、注文処理はプログラムが判断して自動実行してくれることです。

システムトレードの主なメリットは2つあります。1つは、売買注文を自動的に入れてくれるため、投資家本人がパソコンなどに張り付いている必要がないことです。24時間、自動的に注文を入れてくれますので手間がかかりません。裁量トレードにはない魅力です。もう1つは、主観や感情に左右されずに取引できることがあげられます。裁量トレードにおいては自分で決めた投資ルールに従うことが大切です。しかし、いざ取引する段階になると「まだ利益を拡大できるかもしれない」と思い、自分で決めたルールに反してポジションを維持して結果的に損をするといった失敗をする可能性があります。システムトレードであればこういった失敗を避けることが可能です。

システムトレードにはデメリットもあります。デメリットは、相場の急変に対応しにくいことと、選択したストラテジーが相場に適していなければ利益が出ないことです。システムトレードでも、うまく使いこなさなければ稼ぐことはできないことを理解しておく必要があります。

 

 

FX初心者でも運用しやすいシストレの魅力とは

70b48ef14f776bb04700aa286eaf1f59_s.jpg

システムトレードというと初心者には難しいのではないかと感じる人もいるでしょう。しかし、一定の基礎知識さえ理解すればシステムトレードは初心者にもおすすめのトレード手法です。初心者だからこそシステムトレードが適している理由について解説します。

初心者でもトレードしやすい

システムトレードが初心者に適している1つ目の理由は、取引をプログラムに委ねることによって自動的に注文執行を行ってくれることです。初心者が犯してしまいがちな初歩的なミスとしては、売りと買いを間違えたり取引数量の桁を間違えたりすることがあげられます。その結果、予想外の損失を被ってしまうといったことが起こる可能性があります。しかし、注文執行をプログラムに任せることによって、正確に注文を自動実行してくれる点がメリットです。また、冷静に考えれば判断できることも、焦って判断ミスすることもあるでしょう。システムトレードであればプログラムが選択したストラテジーに従って正確に判断してくれますので安心です。

2つ目の理由は、FX初心者でも簡単に始められることがあげられます。システムトレードには、自らプログラミングして使用するタイプもありますが、用意された投資ストラテジーを選択するだけで使用できるものもあります。また、FX業者がサイト上で提供しているものを利用すれば、プラットフォームをダウンロードしなくても使えるケースもあります。初心者でも簡単に設定できるタイプのシステムトレードを利用すれば、専門的な知識がなくてもすぐに使い始められる点は、初心者に適しているといえるでしょう。

忙しい人でも運用できる

FX初心者の場合、ディトレーダーのように取引のための時間を長く確保できないことも多いでしょう。忙しい初心者にとって、システムトレードは強い味方になります。ストラテジーの設定を終えたあとは、プログラムが自動的に取引を行ってくれますので、仕事中でも寝ている間でも取引を継続できる点がシステムトレードの魅力です。

また、FX初心者にありがちな心境として、ポジションをとったあと相場の状況が気になって仕事が手につかない、夜ぐっすりの眠れないといったことがあげられます。システムトレードを利用すれば、常に相場を見ていなくても自分が選択したストラテジーに沿って着実に取引を進めてくれますので精神的な安定が得られるでしょう。仕事などが忙しく相場が気になってしまう初心者にシステムトレードはおすすめです。

この記事もチェック忙しいけど儲けたい!サラリーマンがシストレを導入すべき理由

 

 

FXで勝つなら相性も大事!主な売買システムを徹底比較

8a6e118215a0c67be4fee07b60bd637d_s.jpg

システムトレードは、大きく分けてミラートレードとMT4(ea)、そしてリピート型トレードの3つがあります。シストレ口座によって採用しているシステムトレードは違います。代表的な3つのシステムトレードの特徴を理解すれば、自分に合った口座を選択できるようになるでしょう。ここでは、それぞれの特徴について解説します。

選択型シストレ(ミラートレーダー)

1つ目のシステムトレードのタイプは選択型システムトレードです。選択型システムトレードのなかでは、ミラートレードというイスラエルTradensy社が開発したFX自動売買プラットフォームがよく知られています。複数用意されている投資ストラテジーから選択することで自動売買の運用を始められる特徴があります。口座を開設したFX業者がサーバー内でミラートレードなどの選択型システムトレードを用意している場合は、自分でプログラムをパソコンにインストールする必要はありません。そのため、パソコンの電源を切っている間も着々と取引を進めてくれます。数多くのFX業者が採用しているシステムです。

このタイプのシステムトレードは初心者に適しています。インストールする必要がないだけでなく、ストラテジーを自分で考える必要もありません。あらかじめ設定されているストラテジーを選ぶだけで始められますので簡単です。ただし、ストラテジーの選択を行う段階で相場に合ったものを慎重に選ぶことが大切です。相場の状況にあっていないストラテジーを選択してしまうと多額の損失を被る可能性がありますので注意しましょう。

MT4(ea)

2つ目のタイプは、MT4(ea)です。MT4は、世界中のシステムトレードのベースとなるプラットフォームとして知られています。eaは、エキスパート・アドバイザーの略語で、MT4に実装して使用する自動売買プログラムとして開発・公開されたものです。有料のものもありますが、無料で入手することも可能です。eaの特徴は、自由に取引プログラムをアレンジできる点にあります。カスタマイズ機能と自動取引機能を一体化させたシステムです。

ただし、eaは自らダウンロードしてパソコンにインストールする必要があるため、初心者にとって少しハードルが高いタイプといえます。また、自動売買プログラムを自分でアレンジして使用することになるため、ある程度のプログラム知識も必要です。MT4のチャート機能は充実していますので、初心者はチャート分析目的使用することも選択肢の1つといえます。選択型システムトレードとの違いは、プログラムをある程度自作する必要があることだと理解しておけばよいでしょう。

リピート型トレード

システムトレードの3つ目のタイプはリピート型トレードです。このタイプのシステムトレードにはさまざまな種類があります。共通する特徴は、決められたルールに従って注文を繰り返すということです。トラリピ(トラップ・リピートの略称)やループイフダンなどがリピート型トレードのタイプに含まれます。リピート型トレードには、投資ストラテジーは存在しません。注文が実行されると一定の値幅を置いて別の注文を入れるといった形で注文を繰り返していくだけです。投資家は、通貨ペアと値幅を選択することでシステムトレードを利用できます。そのため、初心者でもすぐに使い始めることができるでしょう。

リピート型トレードは、レンジ相場に強いと言われています。値幅設定が適切であれば、レンジ相場が続く限り着実に利益を稼いでくれる魅力があります。為替相場が荒れていないときはレンジ相場になることが多いですので、効率的に稼げるチャンスが広がるでしょう。ただし、予想外の経済指標の発表や政変などによって為替相場が大きく変動する場合は、うまく機能せずに損失を出してしまうことがあります。レンジ相場かどうかを慎重に判断して利用することが大切です。

 

 

本当にFXで稼げる?本音で語るシストレQ&A

eb4dcb00f17cfbd6f9ea320537a1ae07_s.jpg

システムトレードを利用するにあたっては、さまざまな疑問が浮かぶ人もいるでしょう。疑問が解消していない状態でシステムトレードを使用することは危険です。思わぬ損失を招くことにつながる可能性があります。疑問点を解消してから安心して利用することが大切です。そこで、システムトレードによくある主な疑問を2つ取り上げて解説します。

FXで絶対に勝てるシストレはあるのか

まず取り上げる疑問は「必ず勝てるシステムトレードはあるのか?」です。結論からいうと、必ず勝てるシステムなど存在しません。そんなシステムがあれば迷いなく全員利用しているでしょう。FXは、損をする人と得をする人が必ず存在するゼロサムゲームのようなもので、「このシステムトレードを利用すれば確実に勝てる」という考えは捨てるべきです。

ただし、システムトレードに委ねても人がやっても損する可能性があるのであれば、どちらでやっても同じではないかというとそうでもありません。システムトレードは、ストラテジーを選択したあとは人の判断に頼らず、確実にトレードを進めてくれます。注文を入れるタイミングは正確ですし、入力ミスも発生しません。システムトレードで成功して利益を得るポイントは、投資家自身が相場の状況を分析して、どんなシステムトレードを選択するのが相場状況に適しているのか、どのストラテジーを選べば相場に合っているのかを的確に判断することにかかっています。

この記事もチェック:シストレや自動売買で必ず勝てる?

FXのシストレの運用成績はどうなのか

「システムトレードの運用成績は良いのか?」という疑問を持っている人もいるでしょう。実際にシステムトレードを行った運用成績をネットで公開している事例は多数みられます。取引画面の証拠写真までアップしているケースなど、信用できそうなものもありそうです。それらのなかには、相当な利益を稼いだ実績が示されているものもあります。その一方で、損失が発生している事例も散見される状況です。しかし、どれも個人が任意に公開しているものばかりですので、システムトレードの実力を示しているとはいえないでしょう。

実際にシステムトレードで勝てるかどうかは個人差があります。各個人が相場状況をどのように把握して、適切なシステムやストラテジーを選択できたかどうかに依存しています。システムトレードは自動的に売買取引を行ってくれる便利なものですが、手堅く稼ぐためには投資家本人が相場状況を的確に把握することが欠かせません。相場状況に合ったシステムトレードを行うことができれば利益が得られますし、合っていなければ効率よく稼ぐことはできないことを認識しておきましょう。また、システムトレードを始めたら、相場の状況変化をみながら定期的にストラテジーの見直しを行うなどのメンテナンスを行うことも大切です。

 

 

ランキングよりも中身をチェック!シストレ選びのポイント

システムトレードで失敗したくなければ、どのFX会社を選択するかが重要です。FX会社比較サイトなどに掲載されている口コミやランキングなども参考になるケースはありますが、FX会社選択にあたっておさえておくべきポイントはほかにもいくつかあります。そこで、口座開設するFX会社を選ぶ際のチェックポイントについて具体的に解説します。

75ff7eab781d532a02dda21f75129c1a_s.jpg

スプレッドや売買手数料の額はいくらか

FX会社選びの1つ目のチェックポイントは、スプレッドや売買手数料です。FX取引にあたってはスプレッドや売買手数料などのコストがかかります。スプレッドとは、為替レートに含まれている手数料のようなもので、実質的に取引の都度コストを負担していることになります。売買手数料についても、取引金額に対して一定率などの形で設定されており、スプレッドとは別に負担するものです。

これらの取引コストが高いと、利益率を圧迫し十分な利益を確保するには大変になります。低コストの取引ができるFX会社で口座を開設することがFX取引成功の近道になるでしょう。売買手数料についてはゼロとしているFX会社も多いです。そういったFX会社を選択すると取引コストを抑えることができる可能性があります。ただし、取引コストが高い会社かどうかは、取引手数料とスプレッドの合計で判断することが大切です。

この記事もチェック:スプレッドがシストレに与える影響

必要な資金はどれくらいか

FX会社選びにおけるチェックポイントの2つ目は、少額でも投資可能なFX会社かどうかです。会社によって取引単位が違うため、投資に必要な資金の最低金額も変わってきます。最低取引単位は、10万通貨から1通貨までさまざまです。1通貨が最低取引単位であれば最低投資額は100円程度から取引できます。1000通貨の場合は、1万円程度は資金が必要となるでしょう。

取引単位が大きく少額の投資ができないFX会社で口座開設すると、初心者であってもいきなり多額の資金を投資なければ取引できなくなってしまいます。初心者がFX投資を始める場合は、いきなり多額の資金を投じるのではなく、少額で取引を始めて徐々に慣れていくことが必要です。裁量トレードの場合はもちろんですが、システムトレードの場合も少額から始めるのが基本であることは同じです。

初心者向きかどうか

3つ目のチェックポイントは、初心者向きのシステムトレードを扱っているFX会社かどうかです。システムトレードにはいくつかのタイプがあり、なかにはある程度のプログラムに関する知識がないと使いこなせないものもあります。例えば、プログラムをインストールしたあとで一定の知識に基づいて設定作業を行う必要があるものや、プログラム自体を自作できるものについては、初心者が対応することは難しいでしょう。

システムトレードには、すでに設定されたいくつかのストラテジーのなかから1つを選ぶだけで運用を始めることができるものもあります。そういったシステムトレードを扱っているFX会社を選んで口座開設するようにすることが大切です。FX会社選びの段階で間違えるとシステムトレードを始める前に挫折してしまうことがありますので注意が必要です。

 

 

FXでより上を狙う!おすすめのシストレは

3bde8b0eef1b257d6c0de41f4c4f7d7a_s.jpg

システムトレードをこれから始める初心者は、使いやすいものを選ぶことによってスムーズに運用を始めることができます。そこで、ミラートレードとMT4、リピート型それぞれのおすすめシステムトレードをご紹介します。

自動でストラテジーの入れ替えができる「シストレ24」

ミラートレードタイプのおすすめシステムトレードは「シストレ24」です。複数のストラテジーがあらかじめ設定されており、相場環境に合ったものを選ぶだけで取引を始めることができます。一定の条件設定を行う必要はありますが、設定を行ったあとはフルオートで取引を継続してくれますので、初心者でも簡単にシステムトレードのメリットを享受できるシステムです。自分のパソコンにインストールする必要はなくFX会社のサーバーで稼働しますので、パソコンの電源をつけっぱなしにする必要もありません。

また、設定されているストラテジーを見ることで、トレードに成功している人の設定を学ぶことも可能です。相場に適した優秀ストラテジーを選ぶことができれば、手間をかけずに利益を上げながら取引を継続し、システムトレードの仕組みに関する理解が深まることにもつながるでしょう。

自由な分析とEAのストラテジーが利用できる「FXTF MT4」

一定のシステムトレード知識がある人であれば、「FXTF MT4」もおすすめです。MT4自体の特徴として、あらかじめ30種類以上のテクニカル分析用の指標が搭載されている点があげられます。そのため、これらの指標をカスタマイズして組み合わせ独自の分析を行うことができます。既成のストラテジーを使って取引をするのではなく、自分で考案したストラテジーでFX取引を行いたい人はFXTF MT4を利用してみるとよいでしょう。

また、自分ですべての設定を行うのが難しいと感じる初心者の場合は、あらかじめ設定されているEAのストラテジーを選んでシステムトレードを行うことも可能です。初心者から上級者まで対応できるシステムですので、長く付き合っていくことができる魅力があります。長期的にシステムトレードを続けたいという人は、FXTF MT4を選ぶとよいでしょう。

理解しやすいシステムや少額取引可能でオススメの「ループイフダン」

リピート型トレードは、複雑な条件に基づいて自動的に取引を行うタイプではなく、簡単なルールで注文執行を繰り返し行います。いつどんな理由で注文が入るのかわからないという不安を感じることがありません。そのため、初心者でも安心してシステムトレードを続けられるという魅力があります。1つ1つの取引によって得られる利益は大きくありませんが、コツコツと利益を積み上げていきます。また、取引に投じる資金は少額でも可能である点も初心者向きだといえるでしょう。

リピート型トレードには、「トラリピ」「ループイフダン」などいくつかの種類があります。なかでも初心者にはループイフダンがおすすめです。設定する必要があるのは通貨ペアと値幅だけで簡単ですので、すぐに取引を始められます。また、少額取引可能で売買手数料無料といった点もメリットです。設定にあたっても、相場の状況を読んでストラテジーを選択する必要すらありませんので、まったくの初心者でも対応できます。FX初心者がシステムトレードを始める場合は、まず、ループイフダンから始めてみるとよいでしょう。

この記事もチェック:アイネット証券で人気のループイフダン。どんな人が運用していて成績はどうなのか!?徹底リポート!

 

 

堅実な運用を!自分に合うシストレを探そう

システムトレードには、裁量トレードにはない魅力が数多くあります。さまざまな失敗経験を積み重ねてFX取引のノウハウを積み重ねていかなければ、裁量トレードで十分な利益を得ることは一般的には難しいとされています。FX投資初心者は、まず裁量トレードで仕組みを理解した方がよいという考え方もあるのは事実です。しかし、裁量トレードで損失を被っているうちにFX取引を継続する気が失せてしまい、やがて投資可能資金も底をついて辞めてしまうという人も少なくありません。
一方、システムトレードは、すでに成功した実績があるストラテジーを選んで簡単に始められます。取引を始める段階からシステムトレードを利用して利益を確保しつつ、自動売買の取引履歴を見ながら利益が得られる取引パターンを学ぶというのも悪くないやり方といえるでしょう。
システムトレードでFX投資を始める場合、さまざまなシステムトレードのタイプから自分に合ったものを選ぶことと、相場環境に合ったストラテジーを選択することなどがポイントです。システムトレードの特徴をしっかり理解してFX投資での成功を目指しましょう。

この記事もチェック:初心者でもできるおすすめのシストレは?

関連記事