FXにも税金がかかります。利益の有無にかかわらず確定申告を!

11-6_10131002941.jpg

FXにも税金がかかります。利益の有無にかかわらず確定申告を!

FXを始めたら、必ずやっておきたいのが確定申告。「少額だから」とか、「損しかしていないから」という理由で確定申告をしないでいると、余計な税金を納める事態になってしまう可能性があります。今回は、FXの所得と税金について解説していきます。

 

FXの利益にかかる税率は20.315%

FXの利益にも税金がかかります。どれくらいかかるかというと、FXの利益に対して20.315%。FXの利益は雑所得に分類されるので、所得税+住民税+復興特別所得税を合わせた結果、この税率になります。

img_tax_02.gif

雑所得というのは、例えばサラリーマンが漫画を書いて原稿料などをもらった場合などの報酬と同じ分類になります。つまり、FXの利益は「副業収入と同じ扱い」と認識されるわけです。

FXの利益に対する税金は、自分で確定申告して納めなければいけません。決済していないポジション(含み益、含み損)に対しては課税されませんが、決済により利益が生じている場合は、納税義務があることを忘れないようにしてください。

確定申告セルフチェック で確認してみよう!!

 

FX所得が20万円超・38万円超が確定申告のポイント

FXによる利益や損失があれば、確定申告をしておくに越したことはないのですが、確定申告をするにあたって目安があります。それは、FX所得が20万円を超えた場合と38万円を超えた場合です。

20万円を超えた段階で申告義務の対象になるのは、給与所得が2,000万円以下の会社員、もしくは年金収入が400万円以下の年金生活者です。38万円を超えた段階で申告義務の対象になるのは、自営業者、フリーランス、主婦(夫)、学生です。どちらも「超えた段階」で課税対象になるので、20万円以下、38万円以下の場合は申告義務の対象になりません。

ここで注目しておきたいのが、「FX所得は経費を申告できる」という点です。FXセミナーの参加費用、参考書籍代、インターネット接続料、パソコン・液晶モニターなどの設備代、電気代などを計上できます。全額ではなく、FXにかかった分だけを算出する必要はありますが、FX所得から経費を差し引くことができることを覚えておけば、節税につながります。

 

FXで損失がある場合も確定申告をしたほうがお得

FX取引の確定申告をする必要がある人は、利益を出した人だけではありません。損失を抱えた人であっても確定申告をしたほうが得になる場合があります。

FXには繰越控除が適用されます。繰越控除とは、損失を3年間持ち越して、利益と相殺できる仕組みです。例えば、FX取引を始めた初年度に10万円の損失を出し、2年目に40万円の利益が得たとします。この場合、初年度に確定申告をしていれば、初年度の10万円の損失を2年目の利益と相殺できるので、納める税額を大きく減らすことが可能となります。

img_tax_05.gif

繰越控除制度は、損失を確定申告した年から3年間有効です。利益が上がらなかったからといって、確定申告をしないのではなく、後々の利益のために手続きしておいたほうが税制面で得をします

 

<現役FXトレーダーのアドバイスもチェック!!>

FXの含み損 損切りするにもテクニックがあるって知ってました?【為替コヤジ】

リピート系注文のキモは含み損の管理【芳賀浩一】

 

FXは利益のある・なしにかかわらず確定申告はしたほうがよい

FXの所得にも税金がかかります。確定申告は、一定以上の利益があった場合に必ず行わなければいけません。また損失を出した場合でも、確定申告をしておくのが基本です。FXの損失は3年間の繰越控除ができるので、確定申告をしておくと節税につながります。

FXで利益を得たときの確定申告基準は、20万円超または38万円超です。利益が出ているにもかかわらず確定申告を怠ると、脱税行為とみなされるケースもあります。この場合は、無申告加算税が追加されます。本来なら支払わなくてもよい税金を課税されないように、必ず期日までに確定申告を済ませておきましょう。

確定申告についてもっと詳しく知りたい人は こちら 

 

この記事もチェック:

はじめてのFX、主婦トレーダーが注意すべきパターン

これからは貯蓄より資産形成の時代!効率よく資産形成できるFXを始めよう!

不労所得化が可能となるシステムトレード。長期にわたり、利益の予測ができます。【SSS】

関連記事