リスクコントロールで安全に取引!FXデイトレードで生活する方法

1709-06_10726001788.jpg

リスクコントロールで安全に取引!FXデイトレードで生活する方法

「FXで生活している人がいる」という話を耳にする機会があると思います。そして「FXは危険な取引をしなければならない」というイメージを持っている方も少なからずいるでしょう。このようなイメージは、ある意味、間違っているともいえます。FXは株式投資などより安全性が高い資産運用になるケースもあります。当然、投資である以上、ある程度のリスクはあります。今回は、FX投資のなかでも特にデイトレードについて考えていきましょう。

FXデイトレードとは?

株式投資では馴染みのある「デイトレード」ですが、FX投資にもデイトレードは存在します。実は、FX投資では、デイトレードが最も人気のある取引スタイルなのです。デイトレードとは取引を1日で完結させることで、1日ごとに獲得できる利益をしっかりと押さえていく投資手法になります。具体的には、為替レートの動きを見ながら、新規注文から決済注文成立までを1日で終わらせる取引スタイルになります。

為替相場は、いろいろな材料に応じて日々、上昇したり下降したりします。デイトレードのメリットは、1日ごとにポジションを清算できるため、仮に前日に損失を出したとしても、翌日に引きずらずに済むことです。このため、相場の状況に柔軟に対応することが可能となります。言い換えると、FXデイトレードはリスクをコントロールしやすい、安全性の高い取引といえます。一般的にFX取引は、ポジションの保有期間が長ければ長いほど、アクシデントに遭遇する確率が高くなります。

FXデイトレードで生活するには?

では、FXデイトレードで生活するには、どうすればよいのでしょうか? 「専業トレーダー」と呼ばれる、FX投資のみで生計を立てているプロトレーダーのなかには、1ヶ月で数百万円から億単位の金額を稼ぎ出す人もいます。

どの程度の自己資金があれば専業のFXデイトレーダーとして生活できるかというと、一般的には「最低でも1,000万円は必要だ」といわれています。もちろん、自己資金があるに越したことはありません。FXデイトレードで生活費を稼ぎ、さらに自己資金も増やしていく必要があります。生活費だけでも、少なくとも年間300万円くらいが必要になるでしょう。でも、FXで年間300万円を稼ぐだけでは十分ではありません。それなら普通にサラリーマンで稼いだほうが正解といえます。これを超える金額を稼ぎ出さないと、リスクを背負ってまでFXで生活する意味がありません。そのためには、「自己資金1,000万円でも少し心もとない」といわざるを得えません。

続いては、FXデイトレードで効率的に利益を出すコツを紹介します。投資である以上、確実に利益を出す方法というものは存在しませんが、あえていうなら「いかに損失を小さく抑えるか」がポイントになるでしょう。FXデイトレードは比較的手軽に取引を始められますが、単に新規注文と決済注文を繰り返すのではなく、自分で売買ルールを決めてから取引を始める必要があります。具体的には、為替相場を見て「買い」から始めるのか、それとも「売り」から始めるのかを決断し、さらに「エントリーライン」を決定します。また、エントリーの際に「利益確定ライン」と「損切りライン」を決めておき、想定レートのタイミングで利益確定あるいは損切りを行います。

このとき、値幅にこだわりすぎないことも大切です。例えば、決めておいた「利益確定ライン」に到達する前に為替レートが下落し始めたら、自分の設定したレートに達していなくても利益を確定する、といった柔軟な対応が求められます。「為替相場は想定外の事態が起こるもの」と認識し、その事態に冷静に対処して、いかに損失を最小限に抑えるかが重要な鍵となります。

FXデイトレードで失敗しない方法とは?

FXデイトレードで失敗する典型的な例は、「損切りができない」というケースです。行動心理学の世界に「プロスペクト理論」という考え方があります。この理論は、「利益は確実に得たい」「損失はゼロにできるならリスクを冒してでも回避したい」という一般的な人々の心理状況を表したものです。投資を行う人は、このプロスペクト理論にとらわれがちです。

FXデイトレードにおいて、プロスペクト理論は通用しません。時には「損切り」をして、損失を被ることも必要です。肝に銘じておきたいのは、自己資金を割り込むことがないように取引を進めることです。FXで生活する人にとって、自己資金(原資ともいいます)を切り崩すのは、自身の生活にも影響を及ぼします。また、投資にまわせる資金も減ってしまいます。

FXデイトレードで利益を出すコツは、「動きがある通貨ペア」を選ぶことです。「動きがある」というのは、「レートに値動きがある」という意味です。そのためには、日ごろからチャートをよく観察し、どの通貨ペアが最適なのかを判断しなければなりません。具体的には、「米ドル/円」「ユーロ/円」「豪ドル/円」「ユーロ/米ドル」あたりが、その条件に合う通貨ペアといえるでしょう。

まとめ:リスクコントロールが成功への鍵

FXデイトレードは、初心者でも比較的手軽に始められる取引手法といわれています。もちろん、資産運用にはリスクがつきものですが、そのリスクをしっかりコントロールしていくことで利益へとつながります。FXに慣れ、勝つための法則を見つけられれば、「FXデイトレードで生活する」といった夢も実現不可能とは限りません。

この記事もチェック:

FXだけで生活したい!専業トレーダーってどういう人?

シストレや自動売買で必ず勝てる?

参考:

関連記事