ループイフダンの特徴・強みと始め方についてわかりやすく解説!【お金マン】

お金まん.png

今回は、ループイフダンの基礎について徹底的に解説していきます。
この記事を読むとわかること
・ループイフダンのリピート型FXと通常の自動売買ソフトとの違い
・ループイフダンとは?
・ループイフダンの設定方法
・ループイフダンの始め方

以上について解説していきますので、ぜひ最後まで読んでください!



1. リピート型FXとは?自動売買ソフトとの違い

1.1裁量トレードと自動売買トレード??

本題の前に,そもそも自動売買トレードとは?という方もいるかと思いますので,簡単に説明します。
皆さんは外国為替証拠金取引(FX)と聞くと,どのようなイメージを持ちますか?
まだ取引したことないという方は,このようなチャートを想像すると思います。

お金マン1月①pic1.png

このチャートを分析してトレードする方法は“裁量トレード”と言います。
“自動売買トレードは”,このチャート分析をプログラムが自動で行う方法です!
最近は,副業としてF Xをやっている方も多く,時間をかける必要のない“自動売買トレード”が人気となっています!

1.2 自動売買ソフトのデメリットとリピート型FX

自動売買トレードは一般に,人が作った自動売買ソフトを購入して,運用することで利益を出していきます。
つまり,最初にある程度のお金を払ってソフトを購入することで,あとは勝手にプログラムが稼いでくれるということです!
しかし,もちろん自動売買ソフトによる運用にもデメリットがあります。

決められたルール(ロジック)が公開されていない
過去データを用いたシミュレーション結果の信頼性が低い

この2つのデメリットを回避する自動売買ソフトを選ぶのは,相場分析と同じくらいに難しいですね。
そんな自動売買ソフトのデメリットを回避することができるのが“リピート型F X”です!
リピート型F Xは証券会社が提供している自動売買システムで,信頼性が高いだけでなく初心者でも使いやすいため,現在人気となっています。
次章から,アイネット証券のリピート型F Xを例に紹介していきたいと思います!



 2.アイネット証券のループイフダンって?

ループイフダンは,相場の上昇・下降に合わせて自動で売買を繰り返すシステムで,使用している人の80%以上が利益を出しているんです!
下図は「買い」で,ループイフダンを運用しているイメージ図となっています。
このように,「買い」でエントリーした後,設定値幅分上昇したら,自動で決済してくれるため,値幅の調整に悩む必要がありません。

お金マン1月①pic2.png

また,他社のリピート型F Xと比較したアイネと証券のメリットはこちら!
▶設定内容が少なく初心者向け
取引手数料無料
スワップポイントが高い (業界トップクラス)
1000通貨から取引可能 (初心者にも安心)
20通貨ペアの取引可能

表1 スワップポイント比較

 

米ドル円

ユーロ円

豪ドル円

英ポンド円

アイネット証券

45円

9円

15円

35円

FXブロードネット

35円

6円

5円

10円

外貨オンライン

35円

0円

5円

10円

インヴァスト証券

40円

2円

5円

11円

他社と比較して,スワップポイントの高さが確認できます。
また,1000通貨から取引できて,設定内容が簡単という点が初心者に人気な理由ですね。
詳しくはループイフダンとはの記事で解説しています。



3.ループイフダンの基本設定

先ほど記載した設定内容について,「初心者向けって本当?」と思われる方もいると思います。
そこで、“設定する条件”と“相場に応じた条件の設定”,この2つについて説明します!

3.1 基本的な設定条件

まずは、基本となる設定条件についてです。
設定条件はこちらの4つ!

① 通貨
② 「買い」 or 「売り」
③ 値幅
④ 損切り

何とたったこれだけ!
FXは簡単にいうと「チャートの上下」を当てて利益を出すものですが,これを実際に設定するだけなのですね。

注文画面はこちらです。
売買システムの項目で「通貨」および「買い or 売り」,「値幅」を選択できます!
「値幅を決めるのが難しい!」という方もいるかと思いますが,通貨ごとで値幅はある程度指定されているため,自身で深く考える必要はありません。
この画面で設定完了したら,自動売買の運用が開始となります!
簡単ですね!!

お金マン1月pic3.png

3.2 レンジ相場における利益の出し方

先ほど説明した設定条件の「買い or 売り」が気になる方もいるかと思います。
「相場は上下するのに,“買い”だけ設定して本当に勝てるの?」と疑問がありますよね?
そこで,相場の動きとループイフダンによる利益の出し方について説明します!

まずは,レンジ(ある一定の値幅で上下を繰り返す)相場についてです。
設定条件は
買い(Bタイプ)
値幅:15 pips
最大ポジション:3

下図にレンジ相場におけるループイフダンの取引イメージを示しました。
(縦軸は15pisp刻み)

お金マン1月①pic4.png

取引開始後は,15pips毎に「買い」でエントリーされます。
(※この際,一時的にマイナスになることがあります)
その後、エントリー地点から15pips上昇したところで利益を確定します。
レンジ相場では,ほぼ同じ値幅で上下を繰り返すので,エントリーポイントもほぼ同じところになりますね!
何となくイメージを持っていただけましたでしょうか?
詳細はループイフダンの設定方法の記事でも解説しているのでご参考ください。

3.3トレンド相場における利益の出し方

続いては,トレンド相場ですね。
設定条件は先ほど同様に
 買い(Bタイプ)
 値幅:15 pips
 最大ポジション:3

下図にトレンド相場におけるループイフダンの取引イメージを示しました。

お金マン1月①pic5.png

先ほどのレンジ相場では,利確後に15pips下降したところでエントリーをしていました。
トレンド相場では利確後に,下降しませんよね!
そこで,ループイフダンでは利確後にポジションを持っていない場合,新規で注文を行います。

このように自動売買を行うことで,レンジ相場およびトレンド相場で利益を出すことができるシステムなのです!
ループイフダンの利回り・実績の記事でも実際の利益について紹介していますが、大きく利益を出している人も多くいます。



4.ループイフダンの始め方

4.1 実際に取引を始めるには?

先ほどまでの説明で,ループイフダンのメリットと取引イメージを持っていただけましたでしょうか?
ここでは,「実際に取引をしてみたい!」と思った方への説明となります。

STEP 1:口座開設を行う

お金マン1月①pic6.png


「最初から自分のお金でトレードするのが恐い」という方は“デモ取引”がオススメです!
そうでない方は“口座開設”から本番の口座を開設してください。

STEP 2:取引環境を整える
郵送で届く,ログインI Dによりログインをします。
ここで,“ダウンロード版”か“ブラウザ版”を選択して,開発環境を整えます。
※ 私は,ダウンロード版を使用しています。

お金マン1月①pic7.png

STEP 3:ループイフダンを注文
取引環境を立ち上げたら,左上にある“ループイフダン【注文】”を押したら,注文画面に移ります。
この注文画面は3.1節で説明したものです!
これで取引が開始されます。
まずは勉強してから運用を開始したいという方は,“デモ取引”でもこちらの環境を使用することができるので,ぜひ試してみてください。

お金マン1月①pic8.png

お金マン1月pic9.png

4.2 ループイフダンを運用する際の注意事項

最後に,ループイフダンを運用していく上での注意事項を2点,説明します。
① 「買い」or「売り」の判断を失敗すると利益を出せない
この自動売買は,「放置していても儲かる」というシステムではありません。
自身で“注文”する必要があります。
ですので,初心者とはいえ相場についての勉強は多少なりとも必要です。

② 利益を出せない時は,運用方法を見直す
メリットの多いループイフダンですが,闇雲に運用していては利益を出すことはできません。
利益を出せない時は,自身の運用方法を見直し修正することが大切です。

まだ口座開設していない方は、今のうちにループイフダンに登録しましょう!



【注意事項】

・記事内の「使用している人の80%以上が利益」については、2018年3月31日時点で口座残高があり、1年後の2019年3月31日時点にループイフダン口座で運用中のお客様を対象とし、その中で為替差損益とスワップ損益により有効証拠金が増えたお客様の割合を調査した結果となります。(当社調べ)

・本レポートは筆者の主観及び経験に基づき執筆されており、内容の正確性や完全性を保証するものではありません。筆者及び株式会社アイネット証券は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。

・本レポートはあくまでも参考情報であり、筆者及び株式会社アイネット証券は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。

・筆者及び株式会社アイネット証券の許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

著者プロフィール

著者アイコン
お金マン
2017年の仮想通貨バブルで投資の世界に参入。資産運用のためスワップポイント、自動売買に惹かれFXを開始。現在はスワップポイント等に限らず、レバレッジ取引、自動売買botの自作など、幅広くFXをしています。
サイトURL:https://imasugu-fx.com

関連記事