通貨の強弱が行き過ぎたときこそ取引の狙い目です。待つことも重要です。【SSS】

SSStitle.jpg

通貨の強弱が行き過ぎたときに少しだけほかの通貨に変える。この方法は素晴らしい逆張り方法となります。

シストレちゃんねるでは、FXのシステムトレードの情報を載せていくのが、まあ普通だとは思いますが、システムトレードをしている方には特に考えておいてほしいのが、通貨ペアが行き過ぎたときに、少しだけ通貨を変えておく、裁量でのトレードです。普段はシステムトレードで少しずつ、利益を積み上げていくことで、利益の最大化を目指しているはずですが、この方法以外にも、大きな利益を取ることができると、トレードは極めて安定していきます。例えば、ドル円の買いを持っていくトレード手法である、ループイフダンB100 (USD/JPY) などがあります。こちらは円でドルを100銭毎に買い進めるトレード手法ですが、2019年4月現在、ドル円は110円程度ですので、ドル円過去最安値の75円台などと比べるとまだ、35円ほどの落差があります。この落差の中で、システムトレードで常に買い続けると、一度下がってしまったら、ドル円の買いポジションから発生する含み損が大きくなりすぎて、利益を圧迫してくるようになります。利益が圧迫されると証拠金維持率が低下し、もしも全く足りなくなった際には、証拠金の損切が自動的に行われてしまいます。こうならないためにも、先に大暴落を考えたポジション設計をしておくのが常ですし、やっておくべきです。ただドル円が75円付近まで近づいた時には、利益がしっかりとれる最高の安値ポジションである可能性も高いのです。そのため、通貨ペアの強弱がしっかりと付いた時には、本当は果敢に買ったり売ったりをするべきですが、その時に証拠金が足りず、なかなか機動的に動くことができないのが普通だと思います。このタイミングでいかに買いを持つことができるか、そこが大きな金額をとれるかどうかの瀬戸際になります。

 

システムトレードはしっかりと始めつつ、証拠金は残しておくことが重要です。証拠金を残しておくために、証拠金がより利益を出す方法があることを知っておきましょう。

利益を出すことは、大変重要なことです。利益を出すには、買値を安く、売値を高くすることですが、買値が安くなった際に買えない状態になっていること、これが最ももったいない機会損失となります。高値でシステムトレードで買った通貨ペアがあり、含み損が増えるとどんどんと証拠金が減じ、含み損が増えてしまうようになります。大きな大暴落が来た際に、機動的に動けるように、また証拠金が維持できるようにするためには、システムトレードの上でのポジション構築をいかに減らすかが重要です。システムトレードとしてある程度のポジションをもつのも重要ですし、利益をあげておくことや、トレードをしっかりしておくことは大変重要なことです。日々の値動きを知ることができるためです。ただ一方で、大暴落や大暴騰した際に、資金があると、その資金を持って、大きなポジションを最安値や最高値で買うことができます。この時までに、ご自身のトレード経験を増やしに増やしておき、どんな値動きが来ても利益が出るような形をとっておきましょう。この時、つまり経験がしっかりとそろい、資金を取っておくことで、最安値や最高値で買うこと、売ることができるようになります。先にシステムトレードでトレードをしっかりと利益を取り、ポジションが含み損になることを理解しておくことで、最も良い点は、大きな時間がかかっても、待つことができるようになります。大きな時間を待つことが大変難しいのですが、この難しさをシステムトレードで日々の暇つぶしと、利益構築を行うことで、待つことができます。

 

資金を残しておく気持ちを高めましょう。資金を残す、トレードを待つ。両方とも大変重要な点ですし、利益の最大化ができるようになります。

トレードで重要な点として、待つことがあります。大きな利益を取るまで売りを待つ、安い値幅まで買いを待つ。この待ちが大変重要なのですが、待つためには、待っている間の暇をいかにつぶすかが重要です。暇をつぶすためには、トレードを行うのがいいです。そのためにシステムトレードを使うのは大変いい方法だと思います。すぐに大きなポジションをとることもなければ、大きなポジションを売ることもなければ、ある程度の間、淡々とトレードを行うことができます。裁量トレードのみだと、どうしても資金があれば、一気にポジションをとってしまうことが多くなってしまいますし、そのポジションが利益を上げれば良いが、ポジションが利益ではなく、含み損になってしまったらダメージが大きくなってしまいます。システムトレードで安定的にポジションを増やすことで、暇をつぶしつつ利益を出していくことができます。ただシステムトレードに入れる資金と、大暴落を待つ資金を分けておきましょう。そして待ちに待った大暴落、大暴騰時に、残ったしっかりとした資金でポジションを仕込むことで、素晴らしいトレードとなります。通貨が行き過ぎたときだけ、少しだけほかの通貨に変える。これが適切に行えるためにも、資金を残し、暇な時間をシステムトレードでつぶすことで、利益の最大化を狙うことができます。

<著者運営ブログをチェック!>

SSSの世界観

 

【注意事項】

・本レポートは筆者の主観及び経験に基づき執筆されており、内容の正確性や完全性を保証するものではありません。両建てやすくみは株式会社アイネット証券が推奨するものではありません。筆者及び株式会社アイネット証券は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。

・本レポートはあくまでも参考情報であり、筆者及び株式会社アイネット証券は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。

・筆者及び株式会社アイネット証券の許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

・スワップポイントは一定ではなく変更される場合がありますのでご注意ください。また、変更により、「受取」から「支払」へ転向する可能性がありますのでご注意ください。

著者プロフィール

著者アイコン
SSS
大変運が良いため人生楽しく過ごしています。変動と金利と消費効率の最大化が大好きです。主にシステムトレードで両建てと独自の「3~すくみ」の考えを使い、安定的に為替差益を取りながら運用しています。加えて株、仮想通貨、不動産など他の投資も比較しつつ資産形成を行っており、SSSの世界観というブログにまとめています。
※ 運営ブログ:SSSの世界観 http://www.world-sss.jp/

関連記事