年金のことが不安なら、今からFXで資産運用を!

premiumcontents_8.png

今のシニアも年金だけでは毎月赤字ってホント?

金融審議会市場ワーキング・グループの報告書「高齢社会における資産形成・管理」が国会で大きな問題として取り沙汰されました。年金だけで生活している「高齢夫婦無職世帯」の平均的な毎月の赤字額は約5万円で、この不足分は貯蓄を取り崩して穴埋めしているのが実情であり、その総額は20年間で約1,300万円、30年間では約2,000万円になると予測していたからです。

これを受けて、「公的年金は100年安心というのは嘘だったのか?」と怒りをぶつける人が続出しました。しかしながら、もともと公的年金は現役世代の手取り収入の半分前後をモデルケースとして支給しているもので、老後の暮らしにかかるお金をすべてまかなうと約束したものではありません。

しかも、冒頭の調査が公表される前から、公的年金だけでは支出をカバーしきれず、貯蓄の取り崩しなどで補てんしているという現実は厚生労働省や総務省の統計調査でも明らかになっていたことです。結局、多くの国民が公的年金の仕組みについてきちんとした説明や教育を受けておらず、これまでの統計データについても一般的には周知されていなかったという話なのでしょう。

ただ、この騒動をきっかけに資産運用について具体的に考え始める人が増えているようです。今のシニアでさえけっして生活は楽でないのが現実だとしたら、さらに少子高齢化が進み、年金をもらう人の数が増えるのとは対照的に、保険料を納める現役世代が減っていく将来はもっと厳しいと考えたのかもしれません。

いずれにしても、できるだけ早いうちから資産運用にきちんと取り組んでおくことは有意義なことだと言えるでしょう。



老後のお金は心配。でも、運用するお金がない場合はどうすればいい?

ただ、資産運用の必要性は感じているものの、手元にまとまったお金がなく、ボーナスもほとんど使い道が決まっているため、なかなか始められないという人もいることでしょう。特に若い世代では、まとまったお金を投資する金銭的余裕がないケースが少なくなさそうです。

残念ながら、投資は資金力があればあるほど、大きな成果を期待できるのがシビアな現実です。少額ずつ積立投資を続けていくという発想もありますが、すぐには目立った結果を期待しづらく、根気が求められてくるのも確かでしょう。

その点、FX(為替証拠金取引)なら投入できる資金が限られていても、その最大25倍の規模の取引を行えます。つまり、レバレッジを効かせることで、効率的に収益を追求することが可能です

もちろん、投資経験のない人がいきなり25倍のレバレッジを効かせるのは考えものですが、少なくとも資金的に大きなハンデを受けないというのは大きなメリットでしょう。最初のうちは低めのレバレッジでトレーニングを重ねて、自信がついてきたら次第に倍率を上げてより大きな収益を求めていくという作戦も考えられます。



やっぱり、貯蓄の取り崩しは不安…。そこで、FXのスワップに注目!

すでに年金暮らしを始めている人の声に耳を傾けると、お金をどれだけ蓄えていても不安を完全には払拭できない様子です。取り崩して貯蓄の残高が減っていく一方で、自分がどれだけ長生きするのかがわからないことが気掛かりなようです。

シニアになったらリスクのある金融商品は避けるべきだと唱える専門家もいます。けれど、貯蓄を取り崩さなくて済むという点に着目し、あえて一部の資金をFXで運用してみるのも一考かもしれません。

為替相場の変動が比較的安定し、2カ国間の金利差もそれなりに開いていてまずまずのスワップポイントが見込まれる通貨ペアに長期的に資金を投じておくという発想です。2カ国間の金利差に基づいて発生したスワップポイントだけ生活費に充て、投入した元手はずっと運用し続ければ、資金がどんどん取り崩されていく結果にはなりません

もちろん、為替相場の動きに応じて元手の評価額も変化しますが、むやみにレバレッジを高くしなければリスクは抑えられるでしょう。老後を迎えるまでにFXの投資経験を重ねていれば、そういったさじ加減も判断がつくようになっているはずです。



老後に向けて気長に取り組むからこそ、手間がかからない運用がベター

リタイアする日が間近に迫っている世代でなければ、老後に向けた資産運用は長期的なスパンで取り組むのが基本となってくるでしょう。つまり、長い道のりになってくるため、できるだけ手間がかからない運用のほうが続けられやすいと言えそうです。

その意味でも注目したいのは、設定した条件に従って売買が自動的に進められていく自動売買システムと呼ばれるツールです。

FXをベースにして構築された自動売買システムのうち、簡単な設定を行えばシステムが自動的に売買を繰り返していくものが初心者の間でも人気があり、為替相場の動きをじっと観察している必要はありません。

自分の判断で売買を行っていると、「この前の損を取り戻してみせる」とか、「もう少し粘ったら流れが変わるかも……」といった感情に流されて、冷静な判断ができないケースもあります。しかし、自動売買システムならそういった判断ミスを避けられ、つねにブレない戦略に基づいた取引が続けられていきます。




老後のお金のことが不安なら、今からFXで「自分年金」を!

老後の暮らしは公的年金を中心に考えていくことは変わらないにしても、それだけでは不足する分は自分自身でどうにかしなければならないのがすでに常識となっていますし、これからはさらにきちんと備えておく必要があるでしょう。つまり、できるだけ早いうちから何らかの自助努力(資産運用)が求められてくるわけです。

すぐ明日に迫ったことではないだけに、きっかけがないとなかなか始められないかもしれません。それだけに、こうして世の中の関心が高まっている今こそ、絶好の始めどきと言えそうです。

まとまったお金がなくてもすぐに始められるFXで資産運用に今すぐ取り組み、試行錯誤を繰り返しながら「自分年金」を蓄えていくことが大切です。そうすれば、まさに「備えあれば憂いなし」となりそうです。



≪ プレミアムコンテンツ(前回記事):FXの資産運用でリスクを抑えるコツとは?




【注意事項】

・本レポートは筆者の主観及び経験に基づき執筆されており、内容の正確性や完全性を保証するものではありません。筆者及び株式会社アイネット証券は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。

・本レポートはあくまでも参考情報であり、筆者及び株式会社アイネット証券は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。

・筆者及び株式会社アイネット証券の許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。