予測の範囲内に留めるためには【SSS】

SSStitle.jpg

今後の値動きとしてはまずは円高。円高は95円程度までは進むと感じています。この予測はチャートから導き出されます。

アイネット証券ではFXの自動売買であるループイフダンが使えますが、このシステムは良くも悪くもずっと同じ方向に買い続けたり、売り続けたりする特性を持っています。そのため、トレンドとは逆の方向に進まれると大きく利益を損なう可能性があります。例えば、円高です。今回リーマンショック後のアベノミクスが起き、ドル円で75円から125円に進みましたが、前回のリーマンショックの前の10年ほどの最高値はドル円で145円程度でした。この145円から75円つまり70円の落差があったことは一つの分かりやすい指標です。円高がどの程度進むかを考えていく際に、歴史を見つめると、かなりわかりやすいと感じています。つまり前回145円から75円に下がった際には、中心の110円を真ん中として、上下に35円づつのエネルギーが蓄積した結果とも考えられるわけです。世界の大枠の動き、人間・生命活動のすべてをチャートに入れてチャートが形成されたわけですので、チャートのX軸=時間軸、Y軸=価格軸を読み解けば、ある程度今回の円高がどの程度進むかが予測できると思います。前回の大きな動きは145円という位置エネルギーがあってこその75円でしたので、今回の2010年程度からの円安は125円でしたので、その落差を考えると、110円を真ん中とすると、125-110=15円の落差が上下にあるとも考えられます。つまり、110-15=95円程度までは、円高が考えられると予測しています。



チャートは後々いろいろな理由をつけられますが、その理由は世界中から来ているため最後は規定がしづらいです。ただ根拠はないように見えますが、チャート自体が大きな根拠です。チャートをしっかりと読み込むことで、その根拠は明確に使えるようになります。

チャートは結果を記し続けたものです。この結果とは、全世界すべての要因が重なり合ってできた、物凄く価値がある指標です。すべての関係者が、年足、月足、週足、日足において、この位置が確からしいと感じて、作り上げたものがチャートです。このチャート自体が日本政府も米国政府も含めて、世界中のエネルギーが蓄積し、放出された結果です。今後は先ほど記載したように、円高になると感じており、ドル円のチャートはある程度は落ちうる可能性があると感じています。先ほどの95円という数字になりますが、これは何も根拠がないように見えて、根拠はしっかりとあると感じています。やはり大きな円やドルのような通貨ペアはある程度、相当大きなエネルギーがないと動かないですし、その動きは、世界中のお金持ちやお金持ちがお金を稼ぐために、持っている様々なシステムや人員、地域、会社などの要因が複雑に絡み合っています。複雑に絡み合うシステムは一つの要因では簡単に動かすことはできず、様々な気持ちや状態が影響していますので、トレンドがでるときはそのトレンドは続きやすいですし、レンジの時はそのレンジは続きやすいと感じています。トレンドやレンジが続くことはチャートが示していますし、チャートがやりたいことが見えてくると、結果が積み重なったうえでの次の未来ですので、ある程度は安定した先が見通せるイメージができてきます。チャートをしっかりと読み込むことで、根拠が規定しづらい未来の世界でも連続性を持たせることができると感じています。

 

★☆★ シストレちゃんねる から お得なお知らせ! ★☆★

 デモ訴求ページTOP画像.png



ただし、予測は自分の意見が入ってきます。チャート自体が何を予測しているか、それはわかりませんし、自分の意志が入ったチャートの未来予測は一方で信じてはいけないものになります。自分を信用せず、自分を信用しつつチャートと向き合う。つまり、予測が当たった場合と、予測が外れた場合の両方を予測しておき対処法を持っておくことで、予測の範囲内となり継続的な利益を出すことができます。

私はすくみ手法という両建て手法を主に使って、相場と相対しています。これはチャートという過去から続く結果をもとにしたとしても、その結果から考察される未来の予測は自分の不確かな意思が反映されているものであるため、信頼をおきつつも、信頼をおいていません。つまり上に上がると予測しても、下に下がることはありますし、それが普通であるという前提で相場と向き合っています。となるとある程度外れた際にもうまく対応できる手法、両建て=すくみが重要となります。すくみ手法はある意味で、負けを認めている手法です。では問題は何になるかというと、負けの大きさのコントロール、もっと言えば、負けの大きさを分割し、タイミングを分ける手法です。負けを負けと認めず、次のタイミングまで先延ばしし続けることで、生きながらえる手法でもあります。この手法を開発してから、圧倒的に短期的なダメージを負うことが減りました。安定した取引が常に続くこの状態こそが、私が求めたものそのものでもありました。その中で、一つだけ確かに増えていくものがありました。それは相場に対応する自分自身の経験値です。両建てで様々な値動きを経験しつつ、相場に対応する経験値が増え続ける。この状態をすでに3年ほど続けていますが、この状態は極めて安定的に利益が増えていきます。利益が増える状態とは、安定的であるべきで、ある日突然増えるのは、利益のコントロールができていない状態です。利益の上げ方もコントロールできているからこそ、チャートを予測し続ける意味がありますし、その意味の中であれば、永遠に利益が出続けるはずです。あとは、複利の力で勝ち、そのうえで勝ち続ける形が取れると、お金を制したことになります。予測の範囲内を続けるため、両建てを駆使し、チャートを支配し、お金を制することができるのです。

<著者運営ブログをチェック!>

SSSの世界観

★☆★ シストレちゃんねる から お得なお知らせ! ★☆★

 デモ訴求ページTOP画像.png

 

【注意事項】

・本レポートは筆者の主観及び経験に基づき執筆されており、内容の正確性や完全性を保証するものではありません。両建てやすくみは株式会社アイネット証券が推奨するものではありません。筆者及び株式会社アイネット証券は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。

・本レポートはあくまでも参考情報であり、筆者及び株式会社アイネット証券は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。

・筆者及び株式会社アイネット証券の許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

・スワップポイントは一定ではなく変更される場合がありますのでご注意ください。また、変更により、「受取」から「支払」へ転向する可能性がありますのでご注意ください。

著者プロフィール

著者アイコン
SSS
大変運が良いため人生楽しく過ごしています。変動と金利と消費効率の最大化が大好きです。主にシステムトレードで両建てと独自の「3~すくみ」の考えを使い、安定的に為替差益を取りながら運用しています。加えて株、仮想通貨、不動産など他の投資も比較しつつ資産形成を行っており、SSSの世界観というブログにまとめています。
※ 運営ブログ:SSSの世界観 http://www.world-sss.jp/

関連記事