初心者の方必見!オススメの注文方法3つと進め方4ステップ【FXの教科書】

FXの教科書_TOP画像.png


・自分に合ったやり方を知るにはどうしたらいいの?
・初心者でも分かるFXのやり方を知りたい
・初心者に向いているトレード方法って何?
と悩んでいる方の悩みを解決できる記事になっています。
この記事で解説する『FXのやり方とオススメの注文方法3つ』を理解すれば
FX初心者でもどんな取引方法があるのか知ることができます。
なぜなら、私もこの方法で自分に合ったやり方を知るにはどうしたらいいか、という悩みを解決できたからです。
まずは『FXとは?』から紹介していきますね。



FXとは

FXとはForeign Exchangeの略で、為替相場を利用して利益を出す投資の1種です。
取引の際は、選んだ2ヵ国の通貨を売買し、その差額で利益を出します。
たとえば1ドル100円の時に買って、為替が変動し1ドル110円になった時に売ると10円の利益が出る、というように為替レートによって損益が決まります。
また、売りから取引をスタート出来るのもFXの特徴です。

覚えてほしいFX用語

FXの用語が分からないと、取引をしていてもなんのことを言っているのか分からなくなってしまいます。
今からお伝えする用語5つは取引内で頻出しますので、しっかり覚えておいてくださいね!

用語1:ポジション

取引に参加した後、通貨をそのまま維持している状態のことです。
「建玉」も同様のことを指しますよ。
通貨ペアを買っている状態は「買いポジション」、売っている状態は「売りポジション」と言います。
「買いポジ」などと略して出てくる場合もありますので、覚えておきましょう。

用語2:レバレッジ

少額の資金で大きな取引をすることです。
国内では最大25倍のレバレッジをかけることができます。
たとえば、資金10万円でレバレッジを25倍かけると、10万円×25倍なので250万円のトレードが行えますよ。
繰り返すようですが、レバレッジをかけすぎると利益も大きくなる反面、その分損失も大きくなりますので注意してくださいね!

用語3:スプレッド

FX-spread.jpg

基本的に口座開設や取引の際に手数料はかかりませんが、毎回の取引で「スプレッド」が発生します。
スプレッドは通貨の売値と買値の差額のことです。
たとえば「1ドル=99円98銭~99円99銭」などとニュースで流れていた場合、差の1銭がスプレッドとなるのです。
このスプレッドが手数料となり、FX取引会社に支払うことになりますよ。
米ドル/円で0.2銭など金額的にはごく少額なものの、取引回数を増やしたり、投資金額を増やしたりするとその分スプレッドも多くなりますので、覚えておくとよいでしょう。

用語4:スワップポイント

金利の異なる通貨を取引するので、その2ヵ国間の金利差から得られる利益をスワップポイントと言います。
「金利差調整分」とも指しますよ。
スワップポイントは少額でも毎日受け取ることができます!

用語5:ロスカット

取引の際に一定水準以下の損失が出ると 自動的に損失が確定してしまうことです。
損失が証拠金を上回らないように取られた措置になります。
ただし、相場の状況によっては、預けた証拠金以上の損失が発生することもあるので、余裕をもった資金で取引するなど注意が必要です。

初心者にオススメの注文方法3つ

初心者でも難しくない注文方法を3つご紹介します。
この3つを理解しうまく使えれば損を抑えることができ、利益も出やすくなりますので、ぜひ覚えておきましょう!

注文方法1:成行注文

成行注文とはその時の値段で取引を成立させる注文方法のこと。
自分が買いたいタイミングで買い、売りたいタイミングで売るイメージですね。
操作手順も簡単で、余計な手間もない為、発注からのスピードが早いですよ。
取引が成立しやすい反面、相場が急変した時は予想していなかった値で売買しなければならないこともあるので注意が必要になります!

注文方法2:指値注文

fx-sashine.jpg

指値注文は、約定の金額を指定する注文方法のことです。
たとえば1ドル101円になったら約定するようにあらかじめ設定し、101円になったら自動的に約定するといった感じですね。
「その日のうち」「1週間で」といった注文期間も指定できますよ!
ただし、その間に値をつけなければ売買不成立になりますので注意してください。

注文方法3:逆指値注文

逆指値注文は、為替よりも不利な価格を指定する注文方法のことです。
高くなったら買う・安くなったら売るというイメージですね。
指値注文と同じく、指定した為替にならないと注文が成立しないので注意が必要ですよ!



FXのやり方4ステップ

取引の前にFXのやり方を抑えておくと、何をすればいいのか分かるので焦らず取引を始められます!
初心者の方はこれを見ながら何をすればいいのか、次のステップは何かを把握しましょう。

ステップ1:口座開設をする

FXを取引する前に、FX会社で口座開設をしないと取引を進められません。
なので自分にあったFX会社を決めて、口座開設をしてくださいね。
口座開設には、必要事項の記入やマイナンバーカードなど本人確認書類の提出が必要になります。
たとえばアイネット証券だと最短で2日後に口座開設が完了しますよ!

ステップ2:通貨ペアを決める

次に取引をする通貨ペアを決めましょう。
選択できる通貨には米ドルや円などのメジャーな通貨から、トルコリラやメキシコペソなどマイナーな通貨まで、たくさんの種類があります。
「どれにすべきか決められない!」という初心者の方は、取引量も多く、値動きが安定している「米ドル/円」「ユーロ/米ドル」から始めるのがオススメです!

ステップ3:レバレッジを決める

次にどのくらいレバレッジをかけるのかを決めましょう。
レバレッジを利用すれば少ない資金で取引ができるので、多額の資金で取引をするのに抵抗がある方にオススメですよ!
個人取引の場合、レバレッジは最大25倍までかけられますが、かけすぎると損失も大きくなるので注意が必要です。
「レバレッジかけるの怖いな」という初心者は、3倍までにしておくとよいでしょう。

ステップ4:証拠金を入金する

ステップ3で設定したレバレッジに応じた、証拠金を入金してください。
自分の資産状況をあらかじめ把握し、自分に合った金額で取引を始めてくださいね。
また、FX会社が提携している金融機関のインターネットバンキングを利用すれば、わざわざ銀行窓口やATMに行かなくてもいいので手間が省けますよ。
ただし、資金が必要証拠金と同等の額だと、思わぬ値動きをした際にロスカットされる可能性がありますので、必要証拠金の2~3倍程度の資金を口座に入れておくとよいでしょう。

★☆★ シストレちゃんねる から お得なお知らせ! ★☆★

 デモ訴求ページTOP画像.png



FX取引のコツ3つ

FXを始める前に、これだけは知っておいた方がいいコツを3つ紹介します!
コツを理解することによりスムーズに取引ができますよ。
コツを掴めば損失を出す可能性も低くなりますので理解し実践してみてください。

コツ1:複数の口座を開設する

できるだけ2つ以上の口座を開設しておいた方がおすすめです。
なぜならFX会社によって、提供している情報や使えるツールに違いがあるから。
ルールや特徴にも違いがありますので、いろいろ探りながら自分に合ったところを選びましょう。
既に口座開設している方は、使いやすさなど見直してみるのもいいですね。
また、システムトラブル等起こった際に1つしか口座を持っていないと、取引が全くできなくなってしまいます。
複数口座を持っているとチャンスを逃さず取引できますよ!

コツ2:メンタルコントロールする

初心者の方は特にメンタルのコントロールも重要です。
というのもいい結果が出ないと人と比べてしまったり、冷静さを失い焦ってしまうこともあるから。
自分を見失わずにやっている取引に集中することで、メンタル維持にもつながりますよ。
「どうやってメンタルコントロールすべきなの?」と分からない方は、1日の取引回数や金額を決めるなど、ルール化してみるのも1つの手ですね!

コツ3:トレード日誌をつける

トレードの記録をつけておくと、失敗を徐々に減らせます。
なぜならトレード日誌をつけておくことで、負けてしまったトレードは何が原因で負けたのか、どこを改善すべきだったのかが明確になるから。
反対に記録を何もつけていないと、何が問題で負けたのかが分からず、同じ失敗を繰り返してしまいます。
トレードの見直しを行い、毎回改善していくことで失敗を繰り返さなくなりますよ!



FX取引で注意すべきやり方5つ

取引する際に失敗はつきものです。
初心者の場合は失敗する回数も多く、損失も出やすい傾向にあるので注意点を守ってくださいね!
注意点を守り損失を抑えれば、FXに対する不安もなくなりますよ。

注意点1:取引する通貨ペアを絞る

FX初心者は取引する通貨ペアを決めておきましょう。
なぜなら色んな通貨ペアに手を出すと、多くの情報を収集しなければならず、自分自身がパンクしてしまう恐れがあるから。
世界的な相場の変動が起こると管理が難しくなってしまうので、通貨ペアは絞ってくださいね!
初心者の方は「米ドル/円」だと傾向が掴みやすいのでオススメですよ。

注意点2:分析を怠らずに取引する

分析を怠った状態で取引を始めるのはやめましょう。
というのも分析をしないとなぜここで値が動いたのか、なんで損失を出してしまったのかが不明確になるから。
分析無しの取引を繰り返すと同じ失敗を繰り返してしまう場合もありますので、スキルアップの為にも分析はしてくださいね!
テクニカル分析でどれを使ったらいいか迷っている初心者は、「移動平均線」「一目均衡表」「MACD」などメジャーなものから慣れていくとよいでしょう。

注意点3:海外業者は使わない

初心者の方は始めに国内FX会社から始めるのをオススメします。
なぜなら国内業者は出金トラブルがなく、サポートもしっかりしている為です。
反対に海外業者は信託保全が無かったり、出金ができないなどのトラブルも相次いでいます。
安心安全に取引をしたいなら、国内FX会社を選ぶべきですね!
信託保全がありますよ!

注意点4:高レバレッジでの取引はしない

FXでは最大25倍のレバレッジを、かけることができます。
レバレッジを高くかけすぎると利益も大きくなりますが、その分損失も大きくなりますので注意が必要です!
初心者の方はレバレッジを3倍までに抑え、FXに慣れたら徐々にレバレッジをあげるようにしましょう。
レバレッジを上げる際には、自分が緊張しないかどうかで判断しながら上げていくとよいですよ!

注意点5:ポジションを持ち越さない

FXは土日に取引ができません。
なので初心者の方は取引不可日にポジションを持ち越さないように気をつけてくださいね。
なぜなら土日に大きな価格変動や要人発言があった場合、値が動いていても約定することができず、結果損してしまう可能性があるから。
ある程度経験を積んだ方で相場予測ができれば問題ないですが、初心者のうちは相場予測ができず、損失を出してしまう場合が多いです。
相場予測ができないうちは、土日にポジションを持ち越さないようにしましょうね。



FXのやり方を理解して取引を

上記で紹介した『FXのやり方や初心者にオススメの注文方法3つ』を理解し実践していただくと、今後は初心者でも自分にあったやり方とは何かで悩むことはなくなり、焦ることなくスムーズにFX取引をすることができます。

最後にもう一度内容を確認しましょう。
①FXをやるには、まずは口座開設から
②メンタルコントロールを心掛ける
③ポジションの持ち越しには注意

『難しそうだし、本当に大丈夫かな?』と最初は思うかもしれないですが、一度身につけてしまえば、取引のやり方を十分に理解して進められます。



 

★☆★ シストレちゃんねる から お得なお知らせ! ★☆★

 デモ訴求ページTOP画像.png



 

【注意事項】

・本レポートは筆者の主観及び経験に基づき執筆されており、内容の正確性や完全性を保証するものではありません。筆者及び株式会社アイネット証券は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。

・本レポートはあくまでも参考情報であり、筆者及び株式会社アイネット証券は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。

・筆者及び株式会社アイネット証券の許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

・スワップポイントは一定ではなく変更される場合がありますのでご注意ください。また、変更により、「受取」から「支払」へ転向する可能性がありますのでご注意ください。

著者プロフィール

著者アイコン
FXの教科書
FXの専門家や元銀行員を中心とした編集陣が、これからFXを始めようとする人をサ
ポートするサイト
【FXの教科書】https://fx-navi.tokyo/

関連記事