FXでは通貨ペアによって見える世界が全く違うという話【Yuki】

yuki.png

こんにちは。為替研究所のYukiです。

最近ドル円は大きく下がっており、執筆時現在105円割れになっていたり、ユーロドルで見ると1.175を超えるというように、米ドルについてかなり大きなトレンドが出ております。

その影響で、「大きく稼げた」「ロスカットされた」というような声も色々と聞く一方で、全く「我関せず」みたいになっている人もおり、この状態が少し面白いなと思ったので、今回は「通貨ペアでどれだけ見える世界が違うのか」ということについて、書いていきたいと思います。

ちなみに、私がメインでやっている豪ドル/NZドルは、「若干上昇気味ではあるが、あくまでレンジ内での動きであり、正直誤差の範囲」というくらいで、ただ、レンジの下の方でコツコツ買っていたので良い感じに利益が出ているという、一番平和な状態だったりします(笑

この通貨ペアは、「他の通貨ペアと比べて見える世界が違う」という点ではダントツのマイペースさを誇る通貨ペアで、実は自動売買でも裁量でもかなりやりやすい通貨ペアなので、興味あれば是非以下の記事もご覧ください!

【関連記事】

自動売買:ループイフダン豪ドル/NZドル私の設定と実績【豪ドル円よりおすすめ】【Yuki】

裁量:【7か月で利益82.4万円】豪ドル/NZドルの裁量トレードのやり方と実績



===お得な当記事限定特典===

この記事からのアイネット証券への口座開設+お取引で、3,000円のAmazonギフト券が貰えます(もちろん、口座開設や口座維持手数料は一切無料です)

口座開設ボタン.png

★☆★ シストレちゃんねる から お得なお知らせ! ★☆★

 デモ訴求ページTOP画像.png



最近のドル下落と他の通貨ペアの値動きの比較

最近は上でも書いたようにドル円下落、ユーロドル上昇と、圧倒的ドル安状態になっております。実際にチャートで見てみましょう。

 

【ドル円 日足】

yuki20200731-1.png

【ユーロドル 日足】

yuki20200731-2.png

 

このように、最近は非常に強いトレンドが出ております。

ちなみにユーロ円で見ても、それなりに強いトレンドが出ており、3大通貨で言うと、明確にユーロ>円>ドルの順番での力関係に今はなっております。

 

【ユーロ円 日足】

yuki20200731-3.png

このように、ドル、円、ユーロという、短期トレードでの基本通貨では非常に大きなトレンドが出ております(短期トレードではこの3つ+ポンドくらいの組み合わせがほとんど)

しかしその一方で、私がメインでトレードしている豪ドル/NZドルやメキシコペソは、完全に蚊帳の外であり、レンジ相場が継続しています。

 

【豪ドル/NZドル 日足】

yuki20200731-4.png

【メキシコペソ 日足】

yuki20200731-5.png

メキシコペソについては、逆になんでこんなに動きがないのか不思議で仕方ないのですが、いずれにしても通貨ペアによって、見える世界が全く違うことが分かると思います。

 

実はトレードをする時に、この「通貨ペアによって見える世界が全く違う」ということは非常に重要で、

  • 通貨ペアごとの強弱があり、強い通貨と弱い通貨の組み合わせであれば、トレンドが特に明確になる(今でいうとユーロドルみたいな組み合わせ)
  • 逆に同じくらいの力関係の通貨ペア同士だと、レンジ相場になる(今で言うと豪ドル/NZドルやメキシコペソ/円。ただし、メキシコペソ円についてはなんで今こうなっているのか分からず、本来はそういう通貨ペアではありません)

ということで、トレンド狙いをするのか、レンジ狙いをするのかで選ぶべき通貨ペアが違うということです。

 

また、別の観点から言うと、「全部が同じ方向のトレンドに乗ってしまう」という状態だと、うまく波に乗れた時は最高ですが、一方で悪い方向に転ぶとどの通貨ペアも含み損になり、リスクとしては非常に高いことになります。

そして実はこれ、多くのFXトレーダーが「分散投資」と思って、クロス円で色々な通貨ペアを買う時によくある落とし穴だったりします。

これは「円」という通貨がかなり癖の強い通貨で、「リスクオンの時に円安(外貨高)」「リスクオフの時に円高(外貨安)」というように、円の影響での上下が多く、しかもその上下の方向性が株価等の別の資産とも一致してしまうという特徴があるため起こることで、何かショックが起こった時などに持っている資産が全部まとめて下げるということがよく起こるからです。

こうしたことから、「分散投資」を意識する場合は、クロス円で外貨を買うだけではなく、例えば「ドルストレート通貨ペア(ユーロ/ドルとか豪ドル/ドルとか)」や、「クロス外貨通貨ペア(豪ドル/NZドル等、ドルでも円でもない通貨ペア)」にも投資すると良いと思います。

そして、その「他の通貨ペアと比べて見える世界が違う」という点では、豪ドル/NZドルはダントツのマイペースさを誇る通貨ペアで、実は自動売買でも裁量でもかなりやりやすい通貨ペアなので、興味あれば是非以下の記事もご覧ください!

【関連記事】

自動売買:ループイフダン豪ドル/NZドル私の設定と実績【豪ドル円よりおすすめ】【Yuki】

裁量:【7か月で利益82.4万円】豪ドル/NZドルの裁量トレードのやり方と実績

また、この豪ドル/NZドルを自動売買で取引する場合、ループイフダンが自動売買の中で一番コスト(スプレッド)が安く手数料は無料、スワップも有利(マイナススワップが少ない)なので、もし興味があれば、是非どうぞ。(もちろん、口座開設や口座維持手数料は一切無料で、また、自動売買であるループイフダンにも手数料はかかりません)

また、この記事から口座開設+取引で、3,000円のAmazonギフト券が貰える限定タイアップもあるので、口座開設はこの記事からしていただくのがおすすめです。

口座開設は、

口座開設ボタン.png

からできます。

また、Twitterでも相場の見通しや、おすすめの投資法等も書いているので、よろしければそちらもフォローお願いします!

Twitter:Yuki(@kawaselab)

 

★☆★ シストレちゃんねる から お得なお知らせ! ★☆★

 デモ訴求ページTOP画像.png

【注意事項】

・本レポートは筆者の主観及び経験に基づき執筆されており、内容の正確性や完全性を保証するものではありません。両建ては株式会社アイネット証券が推奨するものではありません。筆者及び株式会社アイネット証券は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。

・本レポートはあくまでも参考情報であり、筆者及び株式会社アイネット証券は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。

・筆者及び株式会社アイネット証券の許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

 

著者プロフィール

著者アイコン
Yuki
FX歴11年目のファンダメンタルズ派トレーダー。主に短期から中期でのトレードを得意としており、最近は自動売買やスワップ投資も行っております。
2010年より為替研究所を運営。相場の見通しや、FXでのおすすめの投資方法などを分かりやすく解説しております。

ループイフダンでは、豪ドル/NZドルやトルコリラ等を運用中。

為替研究所ブログ:https://kawase-fx-lab.com/

関連記事