FXのためのニュース読み方入門

4-6_10387001074.jpg

FXのためのニュース読み方入門

投資を行うためには、情報を集め分析することが必須です。世の中にはいろいろなニュースがあふれていますし、投資をはじめたばかりの人にとっては、どの情報をどのように見ればいいのか難しく感じてしまうかもしれません。
まずは、日常で目にすることが多いニュースに注目して情報を集めてみるとよいでしょう。ここではそのために、「どこで情報を集めればいいのか」「どのようにニュースを見ればいいのか」を解説していきます。

FXは「あらゆる情報」が材料になる

投資商品の価格は、投資家の売買によって左右されます。例えば株であれば、好業績であったり、画期的な製品を開発したりした銘柄は、今後の値上がりが期待できます。そのため、「今買っておけば儲かる」と判断した投資家が買うことで値上がりします。このように、需要と供給の関係に変化を起こすような材料があれば、価格は変化します。FXは為替の交換レートを元にした金融商品のため、世の中のあらゆる情報が値動きを引き起こす材料となります。

その中でも、特に世界の政治や経済の動きはダイレクトに価格に影響を与えます。2016年11月の米国大統領選挙などは良い例でしょう。当時、一連の最終局面として11月8日に共和党のドナルド・トランプ氏と、民主党のヒラリー・クリントンの一騎打ちとなりました。開票が進むにつれトランプ氏の優勢が伝わり、トランプ氏の過激な発言などからリスク回避の円買いが進行し、一時100円付近まで下落しました。

しかし、当選後、トランプ氏が多くの人が予想していたよりは中立的なスタンスをとったことを市場は好感し、ドル円は大きく円安方向に舵をきり1カ月で最大18円の変動幅となる118円台まで価格が動きました。

為替レートの変動には、各国の金利、経済状況、輸出入などの要因が影響を与えますが、大統領選挙などは今後のそれらの大きな方針を決定する役割を持つため、特に変動する要因となります。

初心者はまずロイターやブルームバーグをチェック

FX取引を行う際には、少なくとも自分の取引する通貨ペアに関連するニュースは把握しておきましょう。例えば、米ドル円はアメリカと日本の法定通貨の交換レートであるため、両国の政治・経済に関連するニュースがダイレクトに価格に反映されます。

こうしたニュースを把握するためには、ロイターブルームバーグなど、世界の経済・政治・マーケットのニュースを扱う情報サイトをチェックするとよいでしょう。どちらも海外の情報サイトですが、日本語版があります。これらのサイトでは通常の新聞記事などと異なり、基本的にはアナリストのコメントが入っているため、このニュースがマーケットに対してどのような影響を与えるのかを知ることができます。

また、日本株など日本のマーケットに関連する商品に投資する場合は、日経新聞もチェックしておくとよいでしょう。

ニュースと値動きを見比べる

さて、具体的なニュースの読み方ですが、アナリストの解説などを見ると「○○の影響で今後は円高傾向が加速する可能性が~」といったコメントが見受けられます。一見こうしたコメントに従って投資すれば儲かるような気がしますが、実際そううまくはいきません。

投資をはじめたばかりの人におすすめなのは、内容とアナリストの解説などを把握したうえで、チャートにどのような影響を与えたのかを分析してみることです。

例えば、FXの初心者本などには「金融緩和は円安」と書かれていることが多いです。実際大きな流れで見てみると円安傾向に動くことも多いですし、一つのセオリーとして市場に共有されている事実でもあります。しかし、要人の発言など金融緩和に直接影響を及ぼすニュースなどをチャートとともに確認していくと、その時々のマーケットの状況によって、100%円安方向に動いているわけではないことがわかります。

ここで「どうしてそうなったのだろう」と考えることが重要です。

セオリーでは金融緩和につながるニュースでしたが、マーケットにこのことがセオリーとして共有されているからこそ、予定調和と認識され反対の動きをする、といったことは頻発します。

特にマーケットに対してインパクト(予想外のニュース)があった場合は、通常と異なる値動きになることが多いため、ニュース自体の内容ももちろん重要ですが、その発表をマーケットがどのように受け止めるか、という点を分析することが最も重要と言えます。

まとめ

FXでは、ニュースそのものをチェックすることももちろん重要だが、それを材料としてマーケットがどのように反応したのかも併せて検証することが必要です。まずは、ニュースサイトに書かれているコメントとその後の相場動向を確認するようにしてみましょう。そうすることで、自然にニュースを読み解く力がついてくるはずです。

この記事もチェック!

FXは円安、円高どっちが成功しやすいの?

関連記事