川口一晃のペンタゴンチャートでLet'sループイフダン(2019年2月第1週)

kawaguchi_top.jpg

ペンタゴンチャートの国内第一人者 川口一晃氏が主要通貨から4通貨ペアをピックアップし、ペンタゴンチャートが示す価格のポイントや相場転換のタイミングを解説していきます。ここではそのうち1種類の通貨ペアを公開しております。 アイネット証券に口座を開設していただくと、4通貨全てのレポートをご覧いただけます。

【レポート内容】

ピックアップ通貨ペア
米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円
第一シナリオ
レポート配信時点で最有力のメインシナリオ
第二シナリオ
相場の変化により実現する可能性のあるサブシナリオ
ストラテジー
現在運用中のポジション状況と今後の転換ポイント



AUD/JPY(豪ドル/円)【日足】

*豪ドル/円のペンタゴンチャートデータ*

「流れが変わるのか」

豪ドル/円(日足)ペンタゴンデータ
起点 2014年5月14日
一辺 31日
目盛 20円幅

★★★相場の長期ポイント★★★

下落エネルギーの強い相場である。
下値のメドは77円50銭前後を考えたい。

なお、上昇ネルギーの強い相場への転換のポイントは80円50銭を終値で超えることである。 
注目日:2月12日前後である。 

●BCラインに注目したい。新しいペンタゴンが描き足される場合に超えていくライン(ここで言うBCライン)に到達すると直前の流れが変わることが多いからだ。

第1シナリオ

堅調な展開が続いている。下値支持線ABラインを割り込んだのにも拘わらず、B点が位置する時間帯より堅調な展開が鮮明になっているからだ。

第2シナリオ

上値の重たい展開となる可能性が出てきた。上述したようにBCラインに到達することで流れが変わる可能性がある。また、上値抵抗線BDラインが存在しているからである。

【 ストラテジー 】
現在のポジション 買い(1月11日)
ポジション取得時 78円
その後の高値・安値 79円60銭
ポジション変更 78円を割り込んだら、売りポジションに



【参考】

ペンタゴンチャートについて詳しくはこちら

金融ジャーナリスト川口一晃氏に聞く『ペンタゴンチャート』の要点

テクニカル解説集 ペンタゴンチャート|アイネット証券

【本レポートに関するご注意】

  • お客様は、レポートに表示されている情報をお客様自身のためにのみご利用するものとし、第三者への提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることは出来ません。
  • 情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報によって生じたいかなる損害についても、本情報提供者および株式会社アイネット証券は一切の責任を負いません。
  • レポートの内容は、投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終判断はお客様ご自身でお願いします。
  • レポートの掲載情報にはタイムラグが生じる場合があります。

著者プロフィール

著者アイコン
川口一晃
投資教育家。オフィスKAZ代表取締役。1986年、銀行系証券会社入社。その後、銀行系投資顧問会社、国内投信会社にて11年間ファンドマネージャーを務める。その後、ブルームバーグLP外資系証券会社を経て独立、2004年にオフィスKAZ設立。相場の世界ではチャートの鉄人として、特にペンタゴンチャートの第一人者として知られる。著書に『FX ペンタゴンチャート最強の黄金分割』(実業之日本社)、『「株」と「為替」をチャートで読む』(明日香出版)、「神秘の株価予測法 ペンタゴンチャート入門」(東洋経済新報社)、「なぜか投資で損する人の6つの理由」(青春新書インテリジェンス)など。

関連記事