絶対に避けたい証拠金不足とロスカット 理想の証拠金維持率は?【為替コヤジ】

為替コヤジtitle.jpg

絶対に避けたい証拠金不足とロスカット 理想の証拠金維持率は?

 

各FX会社では、口座にある証拠金以上に損失が発生しないよう「マージンコール」(追証)や「ロスカット」といった、投資家を保護するための仕組みを設けています。

マージンコールは証拠金減少へのイエローカード

「マージンコール」は、証拠金に一定の損失が発生した場合にFX会社が顧客に対して証拠金の減少を知らせるサービスです。今の段階では市場から「退場」にはならないけれど「証拠金が一定水準以上減少している」ことを示すサインで、いわばサッカーの「イエローカード」のようなものです。

FXは「外国為替証拠金取引」の名の通り、預けたお金が「証拠金(担保)」として取り扱われ、担保の残りの余力を示す数字を「証拠金維持率」といいます。

証拠金維持率=時価残高÷証拠金必要額×100

FX会社によってマージンコールの対象となる証拠金維持率や判定のタイミングが異なったり、そもそもマージンコールを採用していない場合もありますので利用しているFX会社のマージンコールの条件を確認しておきましょう。

また「マージンコール」はFX会社によっては「アラート通知」などといった違う名称で呼ばれていることもあるので注意して下さい。

マージンコールが発生したらどうすればいいの?

マージンコールが発生した場合、証拠金不足を解消しなければ証拠金不足による強制決済が行われますマージンコールの解決方法としては、以下の2つがあります。

  • 決められた期日までに口座にお金を振り込むこと(追証)で証拠金の額を増やす
  • 保有ポジションを一部決済することで維持率を高める

 

一発退場となる恐怖の強制ロスカット

マージンコールが発生しているにも関わらず、何もせず、さらに損が拡大した場合はFX会社による「ロスカット」が行なわれます。顧客の意思に関わらず、保有ポジションがは自動的に決済される、つまり強制的に反対売買されてしまうというわけです。まさに相場から一発退場となるレッドカードです。

ロスカット水準はマージンコールと同様にFX会社によって異なっています。ロスカット水準が高いと強制ロスカットとなった場合でも口座に残る金額が増えますが、早いタイミングでロスカットとなります。

逆にロスカット水準が低いとギリギリまでロスカットを回避することができますが、ロスカットとなった場合にはほとんど口座にお金が残らないことになります。

強制ロスカットで預託金以上の損失も

ロスカットは証拠金維持率の○○%を下回った場合に強制決済される仕組みですが、証拠金の○○%が口座に残るという仕組みではありません。急な相場変更により預託した金額を上回る損失(不足金)が生じる可能性もあります。

不足金が発生した場合には、期日までに当該不足金を口座に入金する必要が生じます。

国内FX会社は必ず不足金を請求されますが、一部の海外FX会社ではゼロカット制度を採用しており、不足金が免除されることもあります。

FXサービスのロスカット水準一覧

各FXサービスのロスカット水準は様々で各社で決められたルールに従うことになります。

まず証拠金維持率が一定水準を下回ると証拠金不足となり、追加証拠金(追証)が求められます。この時、プレアラートメール、アラートメールと2段階のメールで通知してくれるFX会社もあります。

FX会社が指定した時刻までに証拠金不足が解消されない場合、証拠金不足による強制決済が行われます。

ただし、ロスカット水準に到達してしまえば無条件でロスカットされます

必ず事前に自分が利用するFXサービスのロスカット水準を確認しておきましょう。

証拠金維持率は何%を保てばいいのか?

強制ロスカットに遭わないためには証拠金維持率をどのくらい保てばいいのでしょうか?

当然、証拠金維持率が高ければ高いほどいいのですが、その分、資金効率は低下します。経験上、300%を下回った状態で○○ショックのような大暴落が起きるとかなりの確率で強制ロスカットを喰らいます

ネット上では500%を下回るとポジションを整理したり、資金追加したりして500%を維持している人が多いようです。

 

<著者運営ブログをチェック>

為替コヤジのFX自動売買

 

著者のバックナンバーをチェック!

FXの含み損 損切りするにもテクニックがあるって知ってました?【為替コヤジ】

FX自動売買にも向き不向きがあるってホント?FX自動売買で成功する5つのタイプ【為替コヤジ】

 

【注意事項】

・本レポートは筆者の主観及び経験に基づき執筆されており、内容の正確性や完全性を保証するものではありません。筆者及び株式会社アイネット証券は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。

・本レポートはあくまでも参考情報であり、筆者及び株式会社アイネット証券は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。

・筆者及び株式会社アイネット証券の許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

著者プロフィール

著者アイコン
為替コヤジ
目黒区在住のアラフォーサラリーマン。これまで株式投資、FXを中心に短中期の裁量トレードを行ってきましたが、資産を大きく減らしてしまい方向転換。
2012年よりFXシステムトレードで再起中。さらに2018年には仮想通貨取引も開始。

運営ブログ 為替コヤジのFX自動売買:http://kawasekoyaji.com/

関連記事