FXトレードでの悪い習慣10選

20180111FXトレードでの悪い習慣10選.jpg

FXトレードでの悪い習慣10選

FXトレードで陥りやすい『負け』に繋がってしまう『悪い習慣』とはどんなものがあるのか?既にFXトレードされている方も、あるいはこれから挑戦しようと思っている方も当てはまることがないか一度チェックしてみましょう!

 

①    一回のトレードで勝とうとしてしまう

1回の負けで感情的になってしまい『取り戻してやる』と思ってしまうことはありませんか?FXの経験者なら一度は抱いてしまう感情ですが、やはり『トータルで勝つ』ということを念頭に置かなければなりません。一回のトレードで大当たりというのはあくまで偶然勝っただけ。トータルで勝てるように安定したトレードを心掛けましょう。

 

②    負けを認める金額を決めていない

資産運用には資金管理が重要です。例えば、損金は投下している資金の30%と決めた際、そこからポジションの量と損切りのラインが決まります。こうすることで、全体としての目標設計がしやすくなるのです。いくら負けたらやめると決めてそれを守っていくことが大事ですね。

 

③    損切りラインを変えてしまう

これは②と同様のことですが、いつまでもポジションを手放せずに損失が膨らんでしまうことが少なくありません。損切りの幅を決めて状況に係らず一定のラインでロスカットするように心掛けるのが必要ですね。もうちょっとしたら上がるかもしれない、と期待ばかりせずに損切りラインをしっかり守ることが大切です。

 

④    感情移入してしまう

FXを始めるとついつい『今日は絶対勝ってやるぞ』などと気合いを入れてしまいがちですが、冷静に淡々とトレードをすることが安定的に勝つことに繋がると思います。相場の上げ下げで一喜一憂しないようにコツコツと経験を積むことも大事ですね。

 

⑤    トレード記録を付けていない

やはりプロの投資家は日々のトレードを記録していることが多いようです。記録が積み重なることで自分の勝ち負けのパターンを知り、トレードのヒントを掴めるようになりましょう。

 

⑥    買い注文しかしない

上昇相場はゆっくり上がっていくことが多いですが、下落相場は一気に下がることが多々あります。『買い』のほうが馴染みやすいと思いますが、『買い』と『売り』を上手に使い分けて上昇相場でも下落相場でも対応できれば、利益獲得のチャンスが広がります。

 

⑦    毎日トレードするのが日課になっている

当然のことながら相場は上がったり、下がったり、急に動いたり、ゆったり動いたり、停滞したり…と動きはマチマチです。ときには、トレードを休んで傍観することも大切です。

 

⑧    目標設定が高すぎる

いきなり「今月は50%の利益を取るぞ!」と極端な目標を立てて無理なトレードをしないことが肝心です。FXは決してギャンブルではありませんので、根拠を持ってトレードを繰り返していくことで適正な目標が見え、失敗を成功に変えることができでしょう。

 

⑨    学び先が多過ぎてしまう

色々な本や教材などを読み過ぎてしまって、自分のトレードがわからなくなってしまう人も見受けられます。良いと書いてあったことが別の本ではやってはいけないこととして書いてあることがあると困ってしまいますよね。枝葉の部分で違っていても根幹は同じであることが多いため、枝葉で混乱しないように、基本を押さえることが大切です。

 

⑩    結果を重視しすぎる

勝ち負けの結果ばかりに目が行ってしまいがちですが、なぜこの結果になったのかを見直すことが重要です。⑤で述べたトレード記録を使って、勝っている人との違いや共通点を考えることが大切です。

 

いかがでしたか?少しでも当てはまる方は、是非今後のトレードの参考にしていただけたら幸いです。

参考:FXで勝てない人がやっている悪い習慣39/津田数馬著

この記事もチェック:

失敗から学ぶ!FXあるある体験談

損切り失敗で大損害?!FX初心者が陥りやすいワナ、解決策はシストレ!

関連記事