FX自動売買は儲かるのか?初心者に使いやすいツールの選び方

20180718-2.jpg

FX自動売買は儲かるのか?初心者に使いやすいツールの選び方

FX取引にはさまざまな手法がありますが、そのうちの1つが自動売買です。自動売買は本当に利益を生むのだろうかと疑問をもっている人もいるでしょう。自動売買は、使い方によっては効率的に利益を生み出すことも可能です。そこで、初心者でも利益を得るための自動売買システムの選び方や利益を増やすコツなどについてご紹介します。

1.FX自動売買とは何か?

20180718-3.jpg

自動売買に挑戦する前に、FXの自動売買とはどんな取引手法なのかを理解することが大切です。そこで、自動売買取引は儲かるのかやメリット・デメリット、リスクなどについて解説します。

 

1-1.FX自動売買とは

FX自動売買システムは、プログラムを利用することで人の手を介さず自動的に売買取引を行ってくれるものです。設定さえ行えば、誰でも簡単に取引を進めていけるという魅力があります。プログラムが24時間相場状況を監視して注文を出してくれますので、忙しくてチャートを見ている暇がないという人でも取引タイミングを逃さずFX取引ができます。また、FXの勉強をする時間がない人にも有効です。自動売買を利用すると、長期間にわたって無理なくFX取引を継続できますので、長期的に利益を出したいと考えている投資家にはぴったりの投資手法だといえます。

 

1-2.FXの自動売買取引のメリットとデメリット

FXの自動売買のメリットは、24時間休みなく取引できることです。取引時間を確保することが難しい人でもFX取引ができます。また、感情に左右されがちな人の判断を必要とせず、設定した条件に従って注文を出してくれますので、利益の深追いによって決済タイミングを逃してしまったり、自分で決めたルール通りの損切りに踏み切れずに損失を拡大してしまったりすることを避けられる点もメリットです。自動売買を利用すれば、利食い機会を逃さず、損切りも確実に行ってくれますので、結果的に、利益の最大化と損失の最小化が期待できます。

メリットがある一方、デメリットもあります。最適な売買システムをどのように設定するかについては、ある程度のコツが必要になることです。システムの組み立てや投資戦略の選択にはコツを把握しておくことが大切になります。また、システム利用コストが比較的高いこともデメリットです。

 

1-3.「FX自動売買取引」と「裁量取引」の違い

自動売買に対して裁量取引という言葉があります。裁量取引とは、経済指標や政治などのニュースやチャートから投資家自身が売買銘柄やタイミングを判断する取引のことです。相場が予想した通りの方向に大きく動けば多額の利益を手にできます。逆に、予想外の方向に相場が変動して損切りのタイミングを逸すると大損することもありえることが特徴です。感情や主観に左右されがちな投資手法といえます。

一方、自動売買は、感情や主観が入り込む余地がありません。一定の売買ルールを実行するように組まれたプログラムが機械的に売買処理を行う取引手法です。設定した条件が相場の動向に適したものであれば大きな利益が得られる可能性があります。ただし、相場に適さない条件設定をした場合は、上手く利益が得られないことになるでしょう。相場の状況に合わせて自動売買に設定する戦略を変更する、裁量取引と自動売買を切り替えるといった柔軟な対応も必要です。

 

1-4.FX自動売買をする上でのリスク

FXの自動売買は万能ではありません。運用実績が良い状況が続いていたとしても、それが将来も続くとは限らないと認識しておくことが必要です。特に、ポジションを保有して運用している途中で強制ロスカットになってしまうと、利益を得るどころか投資元本が減少してしまい元も子もありません。証拠金が不足しないように、含み損益を含む有効証拠金に対する取引に投入している取引証拠金の割合が300%を下回ってきたら資金を追加するなどの対応をとるようにしましょう。

 

システムトレードの魅力【芳賀浩一】

 

2.自動売買システムの5つのタイプ

20180718-1.jpg

自動売買システムには5つのタイプがあります。

1つ目は、リピート注文型です。基本的なシステムが決まっていてカスタマイズできる部分だけを投資家が設定して取引を行います。買値より価格が上昇したら売却、売値より価格が安くなったら購入というシンプルな取引を行うことになりますので、初心者にもわかりやすくおすすめです。『iサイクル注文』や『ループイフダン』『トラリピ』というシステムなどがこのタイプに該当します。

2つ目は、ストラテジー選択型(ミラートレーダー系)で、過去に利益を上げた実績がある投資戦略などがすでに用意されている自動売買システムです。このタイプとしては、『シストレ24』や『セントラルミラートレーダー』などがあげられます。

3つ目は、ストラテジー選択型(オリジナル系)で、あらかじめ用意されている投資戦略のなかから投資家が好きなものを選ぶ自動売買システムです。戦略を選ぶだけで自動売買できるため初心者にもおすすめのシステムだといえます。『みんなのシストレ』はこのタイプの自動売買システムです。ミラートレーダー以外のシステムを使った自動売買システムはオリジナル系といわれています。

4つ目はストラテジー自己設定型、5つ目はストラテジー開発型(MT4系)です。この2つのタイプは、投資家自身がシステム開発やカスタマイズする必要があります。そのため、上級者向きのシステムです。
初心者におすすめの自動売買システムは、リピート注文型、ストラテジー選択型(ミラートレーダー系)、ストラテジー型(オリジナル系)です。

 

初心者でも楽々理解!シストレの「リピート系」ってどんなもの?

 

3.初心者向け!おすすめのFXの自動売買システムのご紹介

20180718-4.jpg

初心者は、どんな自動売買システムを選べばよいか迷ってしまうものです。そこで、初心者におすすめのFX自動売買システムをご紹介します。

1つ目は、インヴァスト証券の「シストレ24」です。2016年よりフルオート機能が搭載されました。シストレ24は、ストラテジー選択型(ミラートレーダー系)の自動売買システムで、多くのストラテジーを揃えています。

ミラートレーダーってどうなの?人気の理由や注意すべき点を徹底紹介

2つ目の初心者におすすめの自動売買システムは、外為オンラインの「iサイクル注文」です。リピート注文型のシステムで、利食いから損切りまで全自動で売買してくれます。初心者でも理解しやすいことが特徴のシステムです。実際に始める前にデモトレードで操作性などを確認できることもメリットといえます。また、上昇傾向か下降傾向かのトレンドに合わせて注文を自動的に行う機能を使えば、システムが買い注文・売り注文を判断して取引を行ってくれるだけでなく、トレンドの転換点に合わせて自動で反転取引もしてくれます。

3つ目は、マネースクエアの「トラリピ」です。初期設定がほかのシステムよりも多めで手間が少しかかります。また、スプレッドと手数料も高めという点も難点ですが、オリジナルポイントサービスがお得です。

4つ目は、FXブローネットの「トラッキングトレード」です。こちらもリピート型の自動売買システムです。FXブロードネットのホームページでは4人のトレーダーがトラッキングトレードを実践してガチンコバトルを繰り広げているコンテンツがあります。運用成績やなぜその設定(通貨ペア・売り・買い等)にしたか、なぜその設定を停止したかなどの解説があるので取引の参考になるでしょう。

5つ目は、アイネット証券の「ループイフダン」です。シンプルなリピート型のロジックを選ぶだけの設定であるため、初心者でも十分使いこなすことができます。また、現役トレーダーがループイフダンの実践方法を解説するセミナーが整っていることは初心者だけではなく、シストレ経験者にも心強いでしょう。取引コストの低さはトップクラスで、スワップポイントが高いことも魅力です。 リピート型の自動売買システムは、取引回数が多くなる手法で手数料などのコストが膨らみがちですが、手数料無料のループイフダンは、収益から引かれる運用コストを抑えることができ、利益アップにつながります。また、スワップポイントが高いことも特徴です。ループイフダンを使って効果的に利益を出したいと考えている初心者は、アイネット証券のループイフダンの利用を検討してみることをおすすめします。

 

ループイフダンをいつから始めるか【豹】

 

4.FX自動売買で儲ける4つのコツ

20180718-5.jpg

FXの自動売買システムを利用して利益を出すためにはコツを把握しておくことが重要です。そこで、4つのコツについて解説します。 

 

4-1.相場に合ったシステムを利用できる知識をつける

1つ目のコツは、相場に合ったシステムを選択できる知識を身につけることです。初心者が自動売買を行う場合は、FX業者で提供されているロジックを選ぶのが一般的です。しかし、そのロジックを選択しても、相場に合っていない戦略では利益は見込めません。価格の変動幅が大きいトレンド相場なのか、狭い値幅で上下するレンジ相場なのかなどを見極める必要があります。ただし、その判断は難しいため、利益を出している人と同じ戦略を選択するというやり方もありますが、相場動向や投下資金、リスク許容度は人によって様々な為、トレーダーブログをチェックして今後の相場動向予想などを参考にするなど、どのような投資戦略をとるのが効果的かを判断することは必要になります。

 

4-2.感情移入はしない!客観的視点を大切にする

2つ目のコツは、感情移入しないことです。客観的な視点を常に失わないことがポイントになります。自分なりのルールをあらかじめ決めて必ず従うようにすると勝率はアップするでしょう。例えば、「利益が何パーセントになったら必ず売却する」「損が何パーセントに達したら確実に損切りを行う」などのルールを設定することが重要です。初心者のうちは、プロが設定しているルールを参考に決めるのも選択肢の1つです。初心者にありがちな傾向としては、為替の予想よりも目先の利益や損失を考えてしまうということがあげられます。客観的な視点を失わないためにも、あらかじめルールを決めて取引に臨みましょう。自動売買システムは感情を排除する為にとても役に立つツールです。

 

4-3.手数料の安いFX会社を選ぶ

3つ目のコツは、手数料の安いFX会社を選ぶことです。FX取引では、手数料やスプレッドといった取引コストを抑えることが大切になります。特に、1日に何度も取引を行う自動売買システムを利用する場合は、取引手数料などのコストが利益率に大きな影響を与えることになります。手数料やスプレッドはFX会社によって異なりますので、必ず確認してからFX会社を選ぶことが重要です。また、通貨ペアによっても手数料は異なります。自分が取引したい通貨ペアを中心にコストを確認するようにしましょう。

スプレッドがシストレに与える影響

 

4-4.メジャーな通貨ペアを選ぶ

4つ目のコツは、メジャーな通貨ペアを選ぶことです。FX会社が取り扱っている通貨ペアの種類は、会社ごとに違います。マイナーな通貨ペアは、取引量が少なく取引が成立しにくい、値動きが粗いなどのデメリットがあります。また、スプレッドも広い傾向があり、コスト面でも不利になる可能性があります。その為、 米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、ユーロ/米ドルなどのメジャーな通貨ペアを選ぶようにしましょう。

 

5.FX自動売買システム選びが利益アップのコツ

どんな投資でも、初めから順調に利益が出せるわけではありません。それは、FXの自動売買でも同じです。FXの自動売買についての理解を深め、初心者でも利益が出しやすいシステムを選んで自動売買を始めることが、利益を出すことにつながります。数百、数千といった多くのロジックを提供しているFX業者もありますが、今の相場にあったロジックを選ぶために多くの情報を収集し、過去の値動きでテストをするなど、自分で取引をするよりもかえって難しく、複雑な過程が必要な場合もあります。しかもロジックが公開されていない自動売買システムも多くあるので、注意が必要ですまずは、ループイフダンなどのロジックが公開されていて、シンプルなものを選び、効率的にFX自動売買システムを利用して、FX取引で利益を狙いましょう

 

<この記事もチェック!>

不労所得化が可能となるシステムトレード。長期にわたり、利益の予測ができます。【SSS】

ループイフダンの稼働開始に適した為替レートは?【そうたろう】

なぜ豪ドル円の買いでループイフダンを運用しているのか【秋川匡人】

みそがおすすめするループイフダンの通貨ペアは「豪ドル円」!選んだ理由と考え方とは?【みそ】

鈴(suzu)のループイフダン リアルトレード(2018年5月7日週)

関連記事