ループイフダン実運用レポート&リピート系のリスク、グルトレとの比較【秋川匡人】

秋川匡人title.jpg

 

あloop.png

 

4月26日時点のループイフダン成績です。
資金1,500,000円でスタートして、確定利益だけなら1,683,344円。
ここから含み損益を差し引くと、1,589,132円ですね。

この運用を年利換算すると2.5%。一般的な銀行預金などと比べると高いですが、元本保証がないとFXで考えると物足りない印象かもしれません。

ただこれは、豪ドル円史上最安値である55円を割り込んでもなおロスカットにならない、安全重視の設定だからです。滅多なことでは口座が飛ばないことを優先しているため、資金に対してトレード枚数が少なく、この程度の利益になっています。

ちなみに現在の強制ロスカットラインは48.12円。ここまでの下落がここから数十年で起きる可能性は低いですし、一撃でこのラインで到達するようなら、社会はFXどころではない騒乱になっているはずです。

もちろん、もっとリスクを高めるかわりにリターンを求める運用もありだとは思うのですが、私がリピート系に求めるのは「放置できる楽さ」です。毎日見て、管理して、勝ったり負けたりに没頭するのなら、裁量でデイトレでいいのではと思っています。

でもまあ、このあたりは人それぞれですね。私がやっているブログ「トレード12」では、FXライターの鹿内武蔵さんにたまに記事を書いてもらっていますが、彼はある程度のレバレッジをかけてグルトレ(グルグルトレイン)http://trade12.jp/grtr-matome-3694/を運用しています。これは利益率は高いですが、たまに損切りをしなければいけない運用です。そのため、チャート分析の重要度が長期放置のループイフダンなどと比べるとずっと高いのですが、そういうチャート分析の難しさ、相場予想が困難であることの解決策がリピート系だと私は思っていますので、個人的にはループイフダンをハイレバでやる気はないです。

ただ繰り返しますが、このあたりは本当に人それぞれだと思います。ただ運用を始める前に、どれくらいリスクをかけて、その結果リターンはこれくらいで、ただしこういうリスクがある、ということは把握しておいた方が良いでしょうね。そのあたりを曖昧に始めると、あとで右往左往することになります。

 

<著者運営ブログをチェック!>

トレード12

 

【注意事項】

・本レポートは筆者の主観及び経験に基づき執筆されており、内容の正確性や完全性を保証するものではありません。筆者及び株式会社アイネット証券は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。

・本レポートはあくまでも参考情報であり、筆者及び株式会社アイネット証券は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。

・筆者及び株式会社アイネット証券の許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

著者プロフィール

著者アイコン
秋川匡人(あきがわ・くにひと)
東京都在住の兼業トレーダーで、住宅ローンを抱える二児の父。某製造業で働きつつ、FXトレードに精を出す。2013年から本格的にFXを開始。テクニカル分析主体の考え方で、スキャルピングやデイトレ、自動発注系ツールの活用、高金利通貨のスワップ運用など幅広い発想でFX投資を行ってきた。現在は、ループイフダンを主体に運用を行っている。夢は大きな犬とのんびり暮らすこと。2016年春にトレード12を立ち上げる。※ 運営ブログ:http://trade12.jp/

関連記事