「さみー」の失敗しないループイフダン戦略 2019年ループイフダン実績

さみーサムネイル画像.jpg

週ごとのループイフダン実績

さ①.png

どうも!ループイフダン歴4年目のさみー(@sammy_fx_123)です。

4月のループイフダン実績は「+30,860円」でした。
4月は3月同様にかなりボラティリティ(為替値動き)が低く、利益が出にくい月でした。

その中で3万円を越えることができた理由としては、2つ。
① 複数通貨ペアを稼働させている。
② ユーロドル売りの2年分のスワップポイントで利益拡大。

ループイフダンの成功のカギは複数通貨ペアによる安定稼働、スワップポイントが多くもらえる通貨ペアかどうか(マイナススワップの場合はできるだけ少ない通貨ペアを選ぶ)だと僕は考えているので定石通りうまくはまった形になります。

最近は豪ドル円よりも改めてドル円買いの安定度が際立っています。
下げても何度も上昇を続けて、しかもスワップポイントも高金利通貨並かそれ以上です。
個人的には大きく下げてくれたら是非とも運用システムに加えたいと考えています。

ループイフダン実績

さ②.png

2019年4月のループイフダンの通貨ペア別実績です。
メインの豪ドル円は後半伸びませんでしたがまずまずですね。
中でも4月の利益に大きく貢献した通貨ペアはユーロドルです。2年ものスワップポイントを蓄えての決済なので約定回数の割にスワップが利益につながっています。

個人的にはユーロドル売り注文は短期間的にはかなりチャンスと考えているので4月12日に1,000通貨追加して合計2,000通貨にしています。根拠の理由は後ほど解説していきますね。

ループイフダンの収支を表にすると色々と見えてきます。
ループイフダンは長期戦略なので基本はほったらかしにはできますが、月1回ぐらいは収支をつけると運用方針を見直すいいきっかけになります。

ユーロドル売がチャンスと思う根拠

僕の個人的な推測ですが、ユーロドル売りのループイフダンはチャンスだと思っています。
理由は3つあります。

① 週足と日足ともに下降トレンドを形成
② ブレグジットの延期
③ スワップポイントの恩恵

特に①の下降トレンドが続く限り積極的に売り注文設定を稼働し続けることができます。

ユーロドルの日足の下降トレンドについて

さ③.png

まずはユーロドルの日足チャートです。
値幅はそれほど大きくありませんが2018年6月から緩やかな下降トレンドをずっと形成し続けています。トレンドが続く限り売り設定で運用しておけば為替差益+巨大スワップポイントを受け取り続けることができます。

ユーロドルの週足の下降トレンドについて

さ④.png

「下降トレンドが終わって上昇トレンドに切り替わったら含み損がどんどん増えるのでは?」その通りではありますが、ユーロドルは日足より強力な週足でも下降トレンドを形成しつづけています。

週足の場合は2008年から何度も跳ね返って下降トレンドが盤石になっています。
ユーロドル売り設定の場合は、週足のトレンドラインの1.20あたりまでは十分に耐えられる証拠金にしておくことが大切です。

ユーロドルの売り戦略は日足でブレイクしても週足で跳ね返る可能性が高いと考えての戦略になります。

さ⑤.png

個人的なユーロドル売りシステムの出口(システムを止めるタイミング)は1.10あたりなら利益とリスクのバランスとしては良いパフォーマンスだと思っています。

ちなみに僕は10月31日のブレグジット納期の1カ月前あたりまで稼働させておきたいと思っているので早めに1.10前半に到達した場合でも稼働を続けます。

ノーリスクだったらいいのですが2つの下降トレンドに頼る戦略には、残念ながら負けパターンとなる可能性もありえます。

さ⑥.png

強力な上昇で2つのトレンドラインをブレイクされたときは撤退です。
ユーロドルの過去の高値は2008年は1.60を越えています。

「いつか下がるだろう」と思って放置すると大やけどをおいますのでトレンドブレイクが明白となった場合は損切りして撤退する度胸も必要です。

もし僕がユーロドル売りの利益確定の停止や残念ながら損切り撤退するときはツイッター(@sammy_fx_123)で発信しますのでフォローしておいていただければありがたいです。

ループイフダンの基本戦略は豪ドル円のように最高値と最安値まで耐えられるレンジの証拠金で運用するものです。
今回のユーロドル売り戦略は下降トレンドで出口を決めて中期的な運用なので難易度は高めですが、変動値幅を狭めて攻めていけるので利益拡大を狙える戦略になります。

しかし、場合によっては撤退する必要があるので初心者にはおすすめできないですね。
資金力にある程度余裕があってFXの相場観に多少知識がある人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ループイフダンのユーロドルの売り戦略の詳細は関連記事をご覧ください。

関連記事「【ブレグジット】英EU離脱が10月31日に延期!ユーロドル売り戦略

さみーのループイフダン証拠金維持率

さ⑦.png

口座維持率は1022%で安定稼働を続けています。
ひとつの目安ですが半年以上運用してかつ1000%以上なら中期的にメンテナンスフリーで安心できる水準です。

利益を焦らずレバレッジを2から3倍に抑えて無理せずじっくり運用していくことがループイフダンで勝つためのポイントです。

では今回はこのへんで。

 

 

 

【著者運営のブログをチェック】

 >> コツコツアセット

 

【注意事項】

・本レポートは筆者の主観及び経験に基づき執筆されており、内容の正確性や完全性を保証するものではありません。筆者及び株式会社アイネット証券は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。

・本レポートはあくまでも参考情報であり、筆者及び株式会社アイネット証券は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。

・筆者及び株式会社アイネット証券の許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

著者プロフィール

著者アイコン
さみー
資産運用はルールさえ覚えれば怖くない。

最大FX損失額合計-300万円 ⇒ 心を入替えルール厳守で2018年は+100万円突破

30代システムエンジニアのFX歴4年目の兼業FXブロガー

トレードスタイルは裁量トレードとリピート系注文の二刀流

リピート系注文の運用ブログ:https://samiifx.jp/

さみーのツイッターアカウント:https://twitter.com/sammy_fx_123

関連記事