暴落の時には円を買えばいいです。【SSS】

SSStitle.jpg

年始から暴落が起きました。暴落とは逆言えば円の暴騰です。

年始から外貨の暴落が置きました。ドル円が6分間の間に4円も落ちて、阿鼻叫喚です。阿鼻叫喚は大変ですので、あまり起きて欲しくはないのですが、起きるときは起きます。チャートが自由に動くのは、どうすることもできませんので、証拠金管理をしっかりと行い、レバレッジを低くしておくことで、ある程度は資金が守られます。ただ、この状況が出来たとしても、外貨を買っているときには、外貨が安くなってしまったらどうしようもありません。そんなときには外貨が安くなったときに、何の価値が上がっているかを考えましょう。当然、円です。円を買えば、円の価値が上がっており儲かるのであれば、さくっと円を買ってしまいましょう。

 

円の立ち位置の確認。スワップマイナスによる買わない状態。

円はわかりやすい資産です。外貨に比べて、リスクオフの際に大量に購入される安全資産です。ドルという世界最大の基軸通貨よりもリスクオフ時に多く買われる通貨が円ですので、本格的なリスクオフの時は軒並み高くなっています。日本の持つ外国債券が極めて大きいことと、経常黒字が出せる国ですので、資本が流入しやすい環境が整っています。そのためリスクが志向されないリスクオフ時は、どうしても信用が高い円を買いたくなります。FXの歴史を見ているとリスクオフで円を買い、リスクオンで外貨を買う手段はほとんど毎回大成功を収めています。それにもかかわらず日本人が外貨を買うことが多いのは、スワップポイントの支払いが長く続くと怖いからでしょう。

 

スワッププラスが続く外貨投資が報われるためには、10年以上の時間が必要になります。待てれば勝てます。

支払いが長く続くことは確かに恐ろしいので、円を売り外貨を買う方法、無理なく利益をとれるスワップを持つのは一つの手です。ただし円高の時には外貨そのものの急落が起きますので、この投資は報われない可能性が高いです。スワップが儲からないのではなく、外貨が回復するまで時間がかかるので、待てないと儲からない投資になります。少しでもレバレッジをかけていると円の暴騰と外貨の暴落時にはこの状態が厳しくなります。含み損が大きくなり、途中で投資を降りてしまうか、ロスカットされてしまい、どちらにしても投資を降りる状態になってしまいます。この状態を耐えきり、その後の冬の時代も耐え、またリスクオンになった際に利益を出す。ここまで来て初めて利益が増大する外貨スワップ投資ですので、14年ほどの長期間の時間が必要だと思います。一つの景気が循環するのに約7年必要ですので、外貨スワップ投資は14年間も耐えがたきを耐え、忍び難きを忍ぶことで、始めて大成する投資となります。ここまでの時間がかかる投資は本当に投資として費用対効果が高いかというと何とも言えません。スワッププラスにすること自体はお金が増えますが、円高の時には円を買って外貨を売ることのほうが、利益がでる可能性が高いと思います。待てれば勝てますが、果たして利益が大きいかどうかはわかりません。

 

最強の投資は間違いなく順張りし続けることです。順張りが当たりやすいのは実はリセッションの時だと思います。

ということで、円高の時には円を買い、外貨高の時には外貨を買う。上がるものを買えば、上がった時に利益が出ます。下がるものを売れば下がった時に利益が出ます。至極単純なことです。下がるような状況が認められる場合、つまり景気が減速してリセッションが起こる場合とはかなりわかりやすく問題が多発します。景気が減速していく際には、様々な国際指標がダウンしていきますので、簡単に不景気に入るイメージが出来ます。このイメージの中ではなかなか次の好景気に入るまでには時間がかかるものです。実は一番順張りがしやすい時が、景気減速のリセッションの時だと思います。一気に不況が襲ってきて資金が市場から吸い上げられ、安全資産に逃避します。そんな時には円が上がります。ここまで簡単にわかるタイミングはなかなかないので、サクッと円を買ってしまって、そのあと待てばいいのです。円は強い。円が信用を失いだましに会う日はそれほど遠くないとも思っていますが、少なくとも今年はまだ円は信用があり強さを持っていると思います。円安が止まらなくなったときに始めてその恐ろしさが出てきますが、まだここまで円以外の通貨で信用を持っている通貨はありません。リセッションの時こそ円を買う、これほど安全で失敗の少ない投資手法はないような気がします。日本人の外貨スワップ信仰は素晴らしく、どうしても新規にFXに入ってきたひとほどスワップを信仰します。だからこそ、スワップを受け取る、つまり外貨買いはどうしても狙われやすく、今後もリセッション時に刈り取られることが多いと思います。順張りをし続けるためには、スワップは基本的には無視をする。こんな感じで投資を行うと負けにくい投資家になると思います。

<著者運営ブログをチェック!>

SSSの世界観

 

【注意事項】

・本レポートは筆者の主観及び経験に基づき執筆されており、内容の正確性や完全性を保証するものではありません。両建てやすくみは株式会社アイネット証券が推奨するものではありません。筆者及び株式会社アイネット証券は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。

・本レポートはあくまでも参考情報であり、筆者及び株式会社アイネット証券は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。

・筆者及び株式会社アイネット証券の許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

・スワップポイントは一定ではなく変更される場合がありますのでご注意ください。また、変更により、「受取」から「支払」へ転向する可能性がありますのでご注意ください。

著者プロフィール

著者アイコン
SSS
大変運が良いため人生楽しく過ごしています。変動と金利と消費効率の最大化が大好きです。主にシステムトレードで両建てと独自の「3~すくみ」の考えを使い、安定的に為替差益を取りながら運用しています。加えて株、仮想通貨、不動産など他の投資も比較しつつ資産形成を行っており、SSSの世界観というブログにまとめています。
※ 運営ブログ:SSSの世界観 http://www.world-sss.jp/

関連記事