FXで勝てないのはなぜ?負ける理由と利益が得られる方法を解説!

20180926title.jpg

FXで勝てないのはなぜ?負ける理由と利益が得られる方法を解説!

FXといえば、自分の手腕次第で大きなリターンも期待できる魅力的な投資のひとつです。しかし、FXを始めてみたものの「なかなか勝てない」「負けが続いている」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。今回は、そんなFXトレーダーのために、FXで勝てない原因や勝てないときの対処法などについて詳しく解説していきます。

 

1.FXで勝てない原因

FXで負けが続いているのには、必ず何らかの原因があります。一体どんな原因が考えられるのか、具体的に見ていきましょう。

 

1-1.ロスカットラインを決めていない・守れない

私たち人間は、もともと「利益を得られる場合は早く利益を確定したい」「損をできるだけ回避したい」という自然の心理を持っています。これをプロスペクト理論というのですが、この心理はfxの鉄則である「損小利大」とは相反するものです。無意識にプロスペクト理論の心理が働くことでなかなか損の確定ができず、損失を膨らませて負けてしまうのです。これを避けるためには「こうなったらロスカットする」という自分の損切りルールを決めておくことが重要です。

絶対に避けたい証拠金不足とロスカット 理想の証拠金維持率は?【為替コヤジ】 

 

1-2.分析が足りない

fxにおいて、市場の動向や経済指標など、日々変動するさまざまな情報の分析は欠かせません。このような分析が不足すると、たとえロスカットの重要性を理解して損切りルールを定めていたとしても、小さな損が重なって負けてしまう場合もあります。このため、日本のみならず世界中の動向に毎日気を配りながらfxを運用する必要があるのです。

FXのためのニュース読み方入門

 

1-3.有効だった手法が使えなくなった

fxには、比較的利益を出しやすい手法もいくつか存在します。しかし、有効な手法が広まって多くのトレーダーが活用するようになると、逆のポジションを取って利益を出そうとするトレーダーも増えてしまいます。有効だった手法がいつのまにか逆効果になっているケースもあるため、初心者は注意が必要です。

 

1-4.レンジ相場を知らない

一般的に、fxで長期的な運用をしたい場合はトレンド相場、短期的な運用ならレンジ相場を利用するケースが多いです。この2種類の相場は特徴が異なり、一方向に動くトレンド相場と狭い価格帯を行き来するレンジ相場では有効な手法も考え方も違ってきます。このため、トレンド相場で勝ったからといって、レンジ相場でも同じ手法を使っていれば負けるおそれがあるのです。

相場はランダムに動いていない?押さえておきたい3つの視点

 

2.FXは勝てない人が9割ってほんと?

実は、fxで年間通して勝ち続けているトレーダーは、プロの機関投資家でも約2割~4割しかいないとされています。これが副業としてfxを運用している個人に限定すると、勝ち続けているのは1割程度です。ただし、負けているトレーダーの大半は初心者が何もわからずに数回取引しただけでほんの少しの勉強さえも怠った人が多く含まれています。このため、生活スタイルに合わせて無理のない範囲内で勉強しながら運用することで安定した利率を確保している人も沢山います。

リスクコントロールで安全に取引!FXデイトレードで生活する方法

 

3.FXで勝てる1割になるためにやるべきこと

初心者のトレーダーでも「勝てる1割」になるために、やるべきことや注意しておきたい点を知っておきましょう。

 

3-1.プロスペクト理論の逆を意識する

fxで利益を出すには「利食いはゆっくり、損切りは早く」という鉄則に従うことが重要です。上述したプロスペクト理論を自覚し「もう少し待てば相場が動いて損を取り戻せるかも」という希望的観測に流されないようにしましょう。誰しも損はしたくないという気持ちからロスカットを避けがちですが、感情に流されてタイミングを見誤れば取り返しのつかない損失になりかねません。自分で決めたロスカットラインは、何があっても厳守すると覚悟して運用しましょう。

 

3-2.チャートを読む力をつける

勝つためには、チャートをしっかりと分析する力も必要です。負けてしまうのは相場が自分の予想した動きとは逆になっているためであり、それはチャートの分析力が不足しているからにほかなりません。分析力を高めるには、過去のチャートを参考にして値動きの傾向を掴むことが重要です。小さな時間足だけでなく、月単位や年単位など大きな時間足もチェックしましょう。また、感覚的に適当にエントリーするのではなく、チャートを元に「なぜこのポジションを取るのか」という明確な根拠を持つのも大切です。

 

3-3.レバレッジをかけすぎない

レバレッジをかけると、担保として入金した自分の資金の何倍もの金額の取引が可能になります。まるで自分の資金が増えたような錯覚に陥りますが、あくまでも取引金額が大きくなるだけなので注意が必要です。また、レバレッジに応じて利益が大きくなるのと同様に、損失も膨らみやすいため油断できません。損が出たポジションを持ち続けていると、追加で証拠金を入金したり、強制的にロスカットが入ったりして大きな損失が確定してしまいます。リスクが高いため、安定して勝てるようになるまではレバレッジをかけすぎないようにしましょう。

FXの証拠金は、少ない金額で取引をするための担保

  

3-4.1%ルールに従い損失額を増やさない

1%ルールとは「1回の取引における損失額は、投資資金の1%以内に収める」というものです。100万円の資金があれば、最初の取引では1万円まで損失を出せます。fxで勝つためには、いかに損失を小さくするかが重要です。勝てないうちは、早めにポジションを切って損失を小さくすることが欠かせません。たとえば、100万円の資金があって10回連続で負けた場合、1%ルールだと残金は90万4,382円です。これに対し、損失額が投資資金の10%になると残金は34万8,678円になり、トータルの損失に非常に大きな差が出ます。1%ルールを厳守することが、いかに重要かわかるでしょう。

 

3-5.自分の取引記録をつけて検証する

取引をしていると、つい過去の負けた記録は無視してしまいがちです。しかし「利益はここまで伸ばすべきだった」「ここで損切りするべきだった」など、負けたときの情報は見本として貴重な判断材料になります。fx会社の履歴だけでなく自分でも取引の内容を細かく記録し、負けたときはしっかり検証して次の取引に活かしましょう。

 

4.FXは初心者には難しいの?

fxは個人が気楽に投資して勝ち続けられるものではなく、勝つためには専門知識やチャート分析などをきちんと学ぶ必要があります。知識が足りなかったり、誤った分析を続けていたりすると、初心者が勝ち続けるのは難しい投資なのです。このように、知識不足で悩んでいる場合は自動売買ツールを活用してみましょう。自動売買ツールなら、設定した通りに自動的に売買を繰り返してくれるため、専門知識が無くても問題ありません。

 

5.FXの自動売買ツールを利用するメリット

自動売買ツールを利用すると、さまざまなメリットが得られます。たとえば、あらかじめ設定したルールにしたがって取引を実行するため、プロスペクト理論の心配もありません。感情的に取引をすることもないため、損失が膨らむ前に淡々と損切りできます。また、fxに関する複雑で専門的な知識がなくても、設定さえしておけば利益を出せる可能性があります。自動的に動くため、ずっとチャートを見張っておく必要もありません。このように、自動売買ツールには個人での運用では得られないような魅力的なメリットがあるのです。

システムトレードの魅力【芳賀浩一】

FX自動売買にも向き不向きがあるってホント?FX自動売買で成功する5つのタイプ【為替コヤジ】 

 

6.FX取引でループイフダンを利用するメリット

数あるfxの自動売買ツールのなかでも、特におすすめなのが「ループイフダン」です。どのようなメリットがあるのか具体的に見てみましょう。

ループイフダンを始めるか迷っている人が今すぐデモトレードを始めるべき理由【そうたろう】

 

6-1.手数料が無料

手数料には大きなメリットがあります。仮に1回ごとの取引に数十円の手数料がかかったとしても、回数が多くなると数カ月の運用で数万円もの手数料がかかる場合もあります。ループイフダンは手数料が無料なので、コストがかさむ心配がありません。また、スプレッドと呼ばれる価格差もコストとなる為、スプレッドでいくらのコストがかかるかシミュレーションをしておくことをお勧めします。

スプレッドがシストレに与える影響

 

6-2.根拠のない期待や不安によりポジションを持ち続けてしまうミスがない

初心者がやりがちな失敗として、損が出たときにすぐに損切りができず、いつか利益が出ると期待してポジションを持ち続けてしまうケースが挙げられます。しかし、値動きが予想と逆に進む一方だと、結果的に損失が膨らんでしまいます。ループイフダンなら、設定した値幅内で自動的にポジションが売買されるため、含み損が膨らんだポジションを持ち続けてしまう心配がないのです。

 

6-3.取引するタイミングに悩むことがない

自分で行う取引だと、安値で買って高値で売れば利益が得られます。そのためには良いタイミングで取引を成立させる必要があるため、頻繁にチャートをチェックしなければなりません。ループイフダンなら、すべて自動で取引を行えるため、寝ている時間などのチャートをチェックできないときでも安心です。取引タイミングに悩まされることもなく、必要な取引をスムーズに行えます。

忙しいけど儲けたい!サラリーマンがシストレを導入すべき理由

  

7.FXで勝てないときは自動売買のループイフダンに任せてみよう

fxで勝てないときは、必ず原因があります。勝つためにはその原因を解決しなければなりませんが、個人ではなかなか思い通りにはいきません。負けが続くとプロスペクト理論も働き、ロスカットができなくなるおそれもあります。勝てないときは手動取引を一度休み、ループイフダンなどの自動売買システムに任せてみましょう。

みそがおすすめするループイフダンの通貨ペアは「豪ドル円」!選んだ理由と考え方とは?【みそ】

関連記事