OECD(経済協力開発機構)

フリガナ:OECD(経済協力開発機構)

ヨーロッパ、北米等の先進国によって、国際経済全般について協議することを目的とした国際機関。本部はパリ。「先進国クラブ」ともよばれる。1948年4月、欧州16か国でOECDの前身にあたるOEEC(欧州経済協力機構)が発足。その後、1961年9月に米国・カナダが加わり新たにOECD(経済協力開発機構)が発足した。我が国は1964年からOECD加盟国となっている。

用語集のTOPに戻る

ページトップへ