ESCAP

フリガナ:ESCAP

1947年に設置された国際連合アジア極東経済委員会が、1974年に現在の名称に変更した。当委員会には、現在53の正式加盟国と9つの準加盟国及び地域から構成され、アジア太平洋の国や地域に加えて、フランス、オランダ、イギリス、アメリカも加盟している。

環境的に持続可能な開発、貿易、人権を大きな柱として、アジアと太平洋地域の経済の発展、社会の開発のための調査・研究や勧告等を行っている。

用語集のTOPに戻る

ページトップへ