CME (Chicago Mercantile Exchange)

フリガナ:CME

シカゴ・マーカンタイル取引所(シカゴ商業取引所)の略称。1898年、農産物取引所として設立され、1972年にIMM(International Monetary Market)を開設して世界初の通貨先物取引を開始した。

CMEの上場商品は、金利、通貨、株価指数、生牛等の農産物、気温など多岐にわたるが、同じシカゴのCBOTが米国債の先物・オプションの比率が高いのに対し、CMEではユーロドル預金、通貨、株価指数の先物・オプションの取引が多いのが特徴。取引はオープン・アウトクライおよびNSCを使用するGLOBEXで行い、清算はCMEの内部で行う。2007年、CBOTと合併した。

用語集のTOPに戻る

ページトップへ