複合型移動平均線(GMMA)

フリガナ:フクゴウガタイドウヘイキンセン

複合型移動平均線はGMMAとも呼ばれ、12本の指数平滑移動平均線(EMA)を一度に表示して、相場のトレンドの状態や方向、強さなどを視覚化しようとするトレンド系のテクニカル指標のひとつ。 GMMAという名前は、開発者であるDaryl Guppy氏の名前を冠したGuppy Multi Moving Averageの略称です。 12本のEMAは短期グループと長期グループに分けられており、短期グループはブルー系統、長期グループは赤色系統に色分けすることでトレンドを視覚化し、ビジュアルからトレンドを判断しようとするところが特徴的な指標です。

■複合型移動平均線(GMMA)について詳しくはコチラをご覧ください。

用語集のTOPに戻る

ページトップへ