マイナンバー制度

フリガナ:マイナンバーセイド

国民一人ひとりに番号を割り振り、社会保障や税などの情報を一元管理する制度のこと。
他国では、住民登録番号や国民保険番号、社会保険番号、納税者番号などの共通番号で、社会保障や税、住民登録、選挙、兵役など行政手続きを同制度で管理している国もある。

用語集のTOPに戻る

ページトップへ