ベーシス・ポイント・バリュー

フリガナ:ベーシスポイントバリュー

金利が1単位(0.01%)変化したときの現在価値の変化額をいいます。
資産・負債の金利変動リスクをヘッジする際に、現在価格そのものの変化から必要な先物の取引枚数を算出する場合に使用します。数学的にはキャッシュフローの現在価値を金利で微分したものです。
BPVは、計算が易しく、変化額という概念が直接的でわかりやすいという長所がありますが、金利の大きな変化や時間の経過が生じた場合、BPVにより算出した変化額と実際の変化額にズレが生じるなどの問題もあり、基本的には短い期間で機動的に取引する場合に利用されます。

用語集のTOPに戻る

ページトップへ