ベガ

フリガナ:ベガ

原商品に価格のボラティリティが1単位動いたときにオプション・プレミアムがどれだけ変化するかを表すリスク指標です。カッパ(Kappa)と呼ばれることもあります。数学的には原商品の価格のボラティリティでオプション・プレミアムを偏微分したものです。先物オプションの場合、ベガはアット・ザ・マネーのときに最大になり、イン・ザ・マネーやアウト・オブ・マネーになるほど小さくなります。また期間が長くなるほど大きくなります。

用語集のTOPに戻る

ページトップへ